2022年夏のトレンドボトムは?

もうコーデに迷わない!少ない服でもおしゃれに見せる着回しのコツ - LoCoMode

オススメの夏ボトムをご紹介する前に、
まずは2022年夏の最新トレンドボトムからご紹介します。

ボトムスの本命アイテムは「ティアードスカート」「カラーパンツ」「ショートパンツ」です。

フリルやギャザーの切り替えデザインを入れた「ティアードスカート」は、着こなしに動きが生まれて華やぐアイテム。
カジュアルなロゴTシャツやノースリーブを合わせて、甘さ控えめに仕上げるのがベスト。

「カラーパンツ」は春から引き続き大人気!
夏らしいビビッドカラーを選んで、シーズンムードを高めてみては?

ヘルシーな肌見せが旬の今年は、「ショートパンツ」もぜひトライしたいアイテム。
カーディガンを肩掛けしたり、サングラスをつけたりして目線を上に集めると、スタイルよく見えますよ。

また、今季の注目素材は「デニム」「レース」「シアー素材」です。
カジュアルな印象の強い「デニム」ですが、今年の夏は大人っぽくアップデート。
透け感のある素材もトレンド。
なかでも注目は「レース」と「シアー素材」です。
繊細で涼しげな印象のレースは、総レースのボトムスが多数!

定番コーデや、華やかなボトムコーデをご紹介します!

トレンドの"透け感"を楽しめるシャイニーなスカート

今年のトレンドでもある透け感を楽しめるスカートは、ポリエステルやナイロンの素材感を十分に表現した1枚。こんなスカートをメインにスタイリングを組めば、簡単に上級者コーデが完成します。シンプルなトップスとも相性バツグンですが、あえてディテールにこだわったトップスを合わせて個性的なスタイルに仕上げてもオシャレ!

ラスティックスカート ¥38,880、ジャケット ¥70,200/ともにTELA(T-square Press Room) フレアカットソー ¥2,570/STYLEMIXER(株式会社TOPLOG) ネックレス ¥14,040/THE Cat's Whiskers(フィルム) ブーツ ¥19,440/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ショルダーバック ¥8,100/CHARLES & KEITH

チュールマジックでカジュアルなデニムをブラッシュアップ♪

デニム×チュールの異素材使いが目を引くリメイクデニムスカート。チュール部分は取外せるので、そのまま着用しても、パンツとレイヤードしてもOK。バリエーション豊富な着こなしが楽しめるスカートを手に入れて、この夏はデニムコーデを楽しんで!

デニムチュールスカート ¥29,160、オフショルレーストップス ¥19,440、リブノースリーブ ¥14,040、シルバーベルト ¥14,040、クリアブーティー ¥30,450/以上AULA(コードナイン) カゴバッグ ¥4,990/ZARA(ZARA JAPAN)

足元をSEXYに魅せる流れるようなヘムライン

ストンとしたシルエットのスカートは今年らしい細かいチェック柄。ムダな広がりがないデザインは、ヒップ周りをスッキリ見せてくれます。裾の流れるようなヘムラインも魅力的。品良く&脱・マンネリなコーデを目指すなら、こんなスカートを1枚持っていたら重宝するはず!

ワープフロントチェックスカート ¥45,360、リブカラーショルダートップス ¥31,320/ともにIRENE(ルシェルブルーカスタマーサービス) ネックレス ¥15,012/French Atelier(Stylism) チェーンバッグ ¥39,960/アディナ ミューズ(ダイアナ 原宿店) フラットシューズ ¥15,120/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

スカートの艶やかさも兼ね備えたワイドパンツ

パッと見は、リッチに広がるAラインスカートのようですが、実はワイドパンツというツワモノ。両サイドには深めのスリットが入っていて、歩くたびに脚が見え隠れするデザイン。パンツスタイルを女らしくコーデしたい気分の日にぜひ!

ワイドパンツ ¥38,880/SHIROMA レースシャツ ¥9,720、ニットキャミ ¥10,260/ともにダブルスタンダードクロージング(フィルム) バッグ ¥37,800/Tiana(Stylism) サンダル ¥15,660/ダイアナ ウェルフィット(ダイアナ 銀座本店)

パンツで今年っぽさを狙うなら華奢見せアンクルフレアをチョイス!

今季大注目のボトムといえばアンクルフレアパンツ。膝部分をちょっぴり絞った裾フレアのシルエットは、パンツ全体のラインにメリハリを演出しつつ、足首を華奢に見せてくれる女っぽいアイテムです。同系色コーデでまとめて思いっきり華やかに!

パンツ ¥4,990、ジャケット ¥13,990、ビスチェ ¥2,992、バッグ ¥4,990、パンプス ¥5,990/以上ZARA(ZARA JAPAN)

Model: Yun Aeji
Photographer:Masato Juman
Styling:Evi Fujii
Hair&Make-up:Arisa Tsuru(ADDICT_CASE)
Writer:Mie Arisumi

 

トレンドボトムをチェック!

男のマストバイ】メンズが最低限持っておくべきベーシックアイテム3選!~ミニマリスト必見~ | ジェントル館

夏のボトムは、ほどよい存在感を出すのが大人ならではのおしゃれテクニック。
今回はトレンドのボトムを紹介します!

 

神戸レタス プロントピンタックワイドパンツ

ポケット付き 裾上げテープ付 セルフ裾直しバックウエストゴムプロントピンタックワイドパンツ レディース M3474

今や定番カラーと言ってもいい「グリーン」は、どんなテイストにも馴染むのが魅力。
カラーアイテムは苦手という方も、大人っぽくて落ち着いた印象のグリーンなら取り入れやすいはず!

神戸レタス ガウチョパンツ

春 S LL対応 選べる2丈のスウェットガウチョパンツ レディース ボトムス スエット ウエストゴム ゆったり M3182

ワイドパンツは着こなしを間違うとボーイッシュに見えがちですが、ガウチョパンツなら裾がひらひら揺れるので女性らしい印象を与えることができます。

エレガントさと動きやさの両立がしたい人にもオススメのアイテムです。

SNIDEL ピンタックマーメイドスカート

可憐な白のピンタックスカートはトレンド感もあるアイテム。

しげな印象をキープしながら着こなしにメリハリをもたらしてくれます。

夏にデニムパンツを取り入れるときのポイントは?

Tシャツ×デニムパンツ

1年通して着ることができるデニムパンツは、何枚あっても重宝する定番のファッションアイテムですよね。

しかし、定番アイテムだからこそシンプルになりすぎてしまったり、マンネリ化してしまったりすることもあるのではないでしょうか。
さらに夏は、涼し気なコーデを重視したいので、デニムパンツの選び方によっては重く見えてしまうことも……。

そこで今回は、夏に真似したいデニムパンツを使ったおすすめコーデを年代別にご紹介します。

■夏コーデにデニムパンツを合わせるときのポイント
・基本はライトブルーデニムで爽やかに
・インディゴブルーならトップスや足元を明るく

夏におすすめのデニムは今年のトレンド?

春夏のトレンド!リメイクジーンズのおすすめコーデ10選

永遠のスタンダードアイテム「デニム」。
合わせるアイテムによって、シーズン問わず、さまざまな着こなしが楽しめるのが魅力ですよね。

中でも『デニムワイドパンツ』は今年のトレンドでオールシーズン使えて着回ししやすいので、1本あるとコーデの幅が広がりますよね。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【1】20代①カラーシャツを合わせて明るく

カラーシャツ×デニム

デニムと相性のいいシャツは、定番の白シャツを合わせてしまいがちですが、物足りなさを感じてしまうことも。

そのときは、ピンクやパープルなどのカラーシャツで色味をプラスしてみて!
涼し気な雰囲気とこなれ感のあるおしゃれスタイルにしてくれます。

足元はオフならスニーカー、オンならパンプスに変えるといいですよ。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【2】20代②Tシャツを合わせた定番スタイル

Tシャツ×デニム

Tシャツ×デニムは誰でもトライしやすい定番スタイル。
裾をインすることで、懐かしさもあり今っぽい着こなしができます。

ここでおしゃれに差をつけるなら、小物アイテム使いがポイントに。
夏仕様のベレー帽やカンカン帽、キャスケットなどがあれば、ただのカジュアルコーデでは終わらない夏スタイルを叶えてくれます。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【3】20代③レースガウンで涼しさアップ

レースガウン×デニム

涼し気な夏モードをプラスするなら、レースアイテムが活躍してくれます。レーストップスはもちろん、歩くたびになびくレースガウンも素敵。

カジュアルなデニムに、程よい甘さをプラスしてくれるので、デートにもぴったりです。
小物を黒でまとめれば、ライトデニムとレースによるぼやっと感をカバーできます。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【4】30代①ノースリーブブラウスで涼し気に

ノースリーブブラウス×デニム

デニムと相性が良く、夏にぴったりのアイテムが、ノースリーブブラウス。
ショート丈や前だけインした着こなしで、カジュアルすぎない夏コーデにすることがおすすめです。

淡いキャメルやブラウン系で落ち着いた雰囲気も出せば大人可愛く決まるので、デートにもぴったりですよ。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【5】30代②カラーシャツで顔周りを明るく

イエローシャツ×デニム

ピンクのシャツは取り入れにくくても、イエロー系やカーキ系のシャツなら30代の女性もグッと合わせやすくなります。
カラーシャツは顔周りを明るく見せてくれるので、1枚あると便利!

足元を黒で引き締めるなら、足首を出して軽快さと女性らしさをアピールすることがポイント。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【6】30代③柄トップスをインして遊び心をプラス

プルオーバー×デニム

シンプルなデニムパンツだからこそ、ちょっと冒険したトップスも合わせやすいのが魅力です。カラフルな色使いのトップスをインすれば、遊び心のある大人コーデに。

サンダルやキャスケットなど、夏らしいアイテムを合わせておしゃれな休日スタイルを楽しんでください。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【7】40代①袖なしトップスと濃いめのデニムでシンプルに

袖なしトップス×デニム

重めのインディゴブルーデニムは、暑い印象がありそうですがトップスを軽くすることで上手に回避。袖なしのトップスやかごバッグを合わせて、夏らしくまとめてみて!

スポーツサンダルだと幼く見られることがあるので、40代の女性であればサラッと履けるサンダルをチョイス。

サンダルに柄を入れることで、大人女子のおしゃれな休日スタイルが完成します。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【8】40代②小物はホワイト系で統一

ロングカーデ×デニム×パンプス

程よく落ち着いた雰囲気があるブルーデニムやインディゴブルーを合わせるなら、他のアイテムはホワイト系で統一するのも◎。

ロングカーディガンやパンプス、バッグなどを白にすれば、夏らしい爽やかコーデに決まりますよ。
パンプスがキレイめな印象にも持っていってくれるので、デートや通勤コーデにも使えます。

夏におすすめのデニムパンツコーデ【9】40代③シャツワンピースとレイヤード

シャツワンピース×デニム

夏に人気のシャツワンピースと合わせたコーデもおすすめ。
軽快さやきちんと感を出しながら、少しだけ見えるデニムパンツがカジュアルダウンしてくれます。

決めすぎないバランスが絶妙なので、周りにも差をつけることができそう!
一人旅や女子会にぴったりなコーデです。

夏におすすめのデニム!1本は持っておきたい!

あなたはゆったり派?スリム派?シルエット別に見る"デニムコーディネート” | キナリノ

シーズン問わず、どんなトップスとも合わせられるデニムパンツ。
ちょっとした着こなし方の工夫で幅広いコーデを楽しめるのが魅力です。
1本は持っておきたいデニムをご紹介!

神戸レタス スキニーデニムパンツ

レディース ストレッチフィットスキニーデニムパンツ ボトムス M1700

細身シルエットが魅力のスキニーデニム。
全体をキュッと引き締める印象のスキニーは、リラックスしたいオフの日コーデをスタイルアップしてくれる一着。

FRAY I.D ストレートデニムパンツ

裾が広がったシルエットのワイドデニムは、脚長に見える効果も期待できる1本。
トップスをインして全体をクールに仕上げると大人っぽい雰囲気にしてくれます。

SNIDEL ハイウエストデニムパンツ

ゆったりとしたワイドパンツはやぼったく見えますが
レッグラインを美しく魅せるようにと細部までこだわったストレートシルエットが、女性らしさと品の良さを高めてくれます。

大人可愛いアイテムとデニムパンプスのコーデ

デニムパンプスは、春夏の大人可愛いスタイルにぴったりのアイテム。デニムの青い色味は、意外とどんなアイテムとも相性が良く、カジュアルな生地の風合いが抜け感も出してくれます。

全体を春夏らしい淡い色味でまとめながら、デニムパンプスをアクセントにしたり、あえてデニムと合わせて色の濃淡を楽しんだり、いろいろなコーデが楽しめます。

春夏らしいオールホワイトスタイルとのコーデ

暖かくなると白が着たくなりますよね。トップスとパンツをオールホワイトでまとめたら、靴は何を合わせたらいいか悩みませんか?

デニムパンプスは、オールホワイトの差し色としてもベストマッチ。できるだけインディゴブルーの強い色味をチョイスするのがポイント。ポップでおしゃれな雰囲気の爽やかなコーデです。

白シャツとデニムの定番コーデに相性抜群

デニムパンプスは、春夏の定番コーデである白シャツ×デニムのラフなスタイルと相性が抜群。ボトムと同じデニム生地だからこそのなじみの良さです。

スタンダードなデザインのパンプスはコンサバになってしまいがちですが、デニム生地ならではの程よいカジュアル感で足元を演出します。

オールデニムなら色味で統一感を

足元がデニムなら、上から下までオールデニムでまとめても、もちろんマッチします。オールデニムコーデは、アイテムごとのカラーの濃淡を合わせて統一感を出すのがポイント。

低めのコーンヒールをチョイスすれば、さりげなくシックなテイストがプラスされて、野暮ったい感じにもなりませんよ。

黒とベージュの定番カラーコーデにデニムでアクセントをプラス

セパレートのデニムパンプスは、カジュアルからフォーマルまで使い勝手の良いアイテム。

たとえば、黒のノースリーブとベージュのガウチョパンツに合わせれば、上品できれいめな色づかいにカジュアル感をプラスできます。

ガウチョパンツは裾が広がったデザインなので、デニムパンプスが華奢なデザインだとバランスが悪くなってしまいがち。ソールが厚くて安定感のあるデザインをチョイスするのがポイントです。

ボーダーでつくるマリンスタイルとのコーデ

春夏のおしゃれに欠かせないのがマリンスタイル。ボーダーTシャツ×白いパンツには、デニムのストラップパンプスがよく合います。

ストラップに入ったホワイトのラインが涼しげな足元を演出して、初夏の日差しにも映える爽やかなスタイルに。デニム生地が程よくきれいめなカジュアル感を出して、おしゃれ度をさらにUPしてくれます。

フェミニンなワンピースのデートスタイルに合わせたコーデ

夏のデートやイベントにお出かけするときのフェミニンなワンピースにも、デニムパンプスはおすすめ。ワンピースの大人可愛い雰囲気を壊さないように、デニムパンプスもオープントゥで。爽やかな色気をプラスできます。

アクセントにかごバッグを使えば、より夏らしい雰囲気になって、デートを一層楽しめますよ。

大人のエレガントスタイルにもマッチ

ポインテッドトゥのデニムパンプスは、大人の女性のエレガントさを感じさせながら、デニム生地がカジュアルなテイストもプラスしてくれます。フォーマル寄りのセットアップに合わせれば遊びの利いた抜け感が出せるでしょう。

コーデ次第でカジュアルにもフォーマルにも印象を変えられるのがデニムパンプスの魅力。はずしアイテムとしても重宝します。

季節の変わり目を感じさせるアイテムとして

肌寒い季節から暖かくなるにつれて次第に薄着になっていきますが、気温が安定しない時期は、まだアウターが手放せない日ってありますよね。そんな季節の変わり目に重宝するのがデニムパンプスです。

足元に春夏を感じさせるアイテムを持ってくることで、重めのアウターを羽織っていても暑苦しい印象を与えません。淡い色のパンツを選んで、デニムパンプスだけ浮かないようにするのがポイントです。

甘辛コーデでおしゃれ上級者に

アッパーにスナップをあしらったデニムパンプスは、ロックテイストで、スキニー×ロックTシャツのような、ラフでハードなファッションにぴったり。

ポインテッドトゥと高めのヒールが、フェミニンな雰囲気をキープしてくれるので、ハードすぎない甘辛コーデを叶えてくれます。ワンランク上のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

おすすめのデニムパンプス

■リバティー ドール ストラップパンプス

足元をシックに見せてくれるデニムのストラップパンプス。アンクルストラップには足を華奢見えさせる効果があります。

デニム生地だから程よいカジュアル感も出て、甘すぎない大人可愛い雰囲気を演出。つま先とかかとがセパレートになっているから、靴下やタイツとのコーデを楽しめるのも魅力です。

■DIESEL レディース デニムファブリック パンプス

フリル付きの珍しいデザインのデニムパンプス。スタイリッシュなピンヒールとあいまって、ここぞというときの攻めたファッションにおすすめのアイテムです。

デニム生地の抜け感が、パーティコーデにも華を添えます。

■Donahutt03 パンプス 痛くない ローヒール

黒のデニム生地にウインドウペン柄をほどこした、ローヒールのデニムパンプスです。シンプルなデザインながら、インディゴブルーのデニムパンプスとはまた違ったテイストでコーデを楽しめます。

足が痛くならないぺたんこなフォルムでサイズも豊富。歩く機会の多い方におすすめで、オフィスカジュアルにも最適です。

デニムシャツの選び方は?手持ちを活かすポイントも!


ジャケット風の着こなしや、ラフなシャツスタイルなどさまざまなコーデが楽しめるデニムシャツ。実際にお店を覗いたり、ネットショップを眺めたりしていると、一口に「デニムシャツ」といっても豊富な種類があることがわかります。

さらに、デニムシャツを取り入れたコーデを紹介しているサイトでは、10代から年配の方まで幅広いモデルさんがオシャレな写真を投稿していますね。

若い世代にしか着こなせないと思われがちなデニムシャツですが、実は世代を問わず愛されるマストアイテムでもあるのです。

数多くのアイテムの中で、自分の希望やなりたいイメージに合ったものを選べるよう、まずはデニムの特徴や色ごとに変わるイメージについて見てみましょう。
デニム生地の与える印象は?40代にピッタリのイメージが知りたい!
まず初めに、デニムを使ったアイテムが周りにどんな印象を与えるのかをご紹介します。

お洋服を選ぶ時には、自分に合ったアイテムを選ぶだけでなく、「なりたいイメージ」を意識するのが大切。

そのアイテムを身に着けた時、自分がどう見えるのかを考えながら選ぶと良いでしょう。

ハツラツとした印象で若見え効果も!

デニム生地は、元々労働者の履くジーンズの生地として広まったものです。

履き始めの濃い色合いを楽しむところから始まり、次第に色が落ちる変化を「ジーンズを育てる」と呼ぶように。時にはコーデの主役に、時には名脇役として愛されてきました。

そんなジーンズから派生したデニムシャツは、身に着けるだけでどこかハツラツとした雰囲気を演出できるアイテムとして人気を集めています。普段落ち着いたアイテムでまとめがちな40代も、デニムシャツをプラスするだけで明るく若々しい印象に仕上がりますね。

クラシカルなインナーやボトムスも、デニムシャツを合わせることでカジュアルな印象に。カラフルなアイテムや過度な露出をしなくても、ナチュラルに若見え効果が期待できます。

合わせるアイテムを工夫して大人のデニムコーデに

主張が強めのデニムシャツは、コーデの主役となることが多いように思えます。お気に入りのカラーを全面に出したコーデも素敵ですが、少し落ち着いた大人のデニムコーデもオシャレですよね。

街中に溶け込むような自然なコーデを目指したい場合は、合わせるアイテムを工夫してみましょう。

選んだデニムシャツと同系色のアイテムを選んだり、ダークトーンでまとめたりといった「色の工夫」から、小さめの花柄やシックなグレンチェックなどの「柄の工夫」などがおすすめです。

合わせるアイテムによって、さまざまな一面を見せるのもデニムシャツの魅力といえるでしょう。

自分に合うボディラインを見つけよう

デニムシャツ選びで気にしておきたいポイントの3つ目は、ボディラインがどう見えるか……という点です。

なりたいイメージはもちろん、カバーしたいお悩みや骨格の違いによっても似合うアイテムが変わるもの。自分がどの骨格に当てはまるか確認してみましょう。

体全体にバランス良く厚みがあり、筋肉がつきやすいのがストレートタイプ。アイテム選びは体のサイズに合ったものを選ぶほか、デコルテが見えるスッキリしたコーデがおすすめです。

下半身に重心があり、線の細さが特徴のウェーブタイプはウエストの位置を調節するのがポイントです。ハイウエストなどで重心を上げつつ、体の線に沿ったラインの出やすいアイテムを選びましょう。

肩回りにボリュームがあり、重心が上にいきがちなナチュラルタイプの場合、フレアスカートなどで下半身を目立たせるのがおすすめ。デニムシャツなどのトップスはゆったりめのものを選ぶと良いですね。

選ぶ色で印象が大きく変わる!

続いて、デニムシャツの色合いで異なるイメージの違いについて見てみましょう。

ブルー系がメインとなるデニムシャツですが、大まかに分けても6種類のカラーがあります。実際には1つ1つ微妙に色合いが異なるため、より心惹かれるアイテムを選ぶと良いでしょう。

インディゴブルー

深い色合いで根強い人気を誇るインディゴブルーのデニムシャツ。合わせるアイテムも多種多様で、カジュアル過ぎない印象に仕上がります。

何度も着用していくうちに、色合いの変化がわかりやすいのもインディゴブルーの特徴です。全体的な色合いはもちろん、摩擦の起きやすい部分が次第に色落ちしていくのも素敵ですね。

インディゴブルーのデニムシャツは、ガーリーコーデやクラシックコーデにもピッタリ。個性的なデザインやゴールドのボタンなど、細部までこだわったアイテムが人気です。

ブルー

「これぞデニム!」というイメージの強いブルーのデニムシャツは、どんなカラーにも合う万能アイテムです。

ホワイトやブラックなどでシンプルにまとめるも良し、レッドやグリーンなどでパッと目を惹くコーデに仕上げるも良し、オリジナリティあふれる組み合わせに挑戦できますよ。

大ぶりのチェック柄アイテムと組み合わせ、アメリカンテイストにするのもおすすめ。デニム本来のイメージを思う存分活かしたコーデに仕上がります。

アイス/ライト/サックスブルー

アイスブルー、ライトブルー、サックスブルーなどさまざまな呼び方で呼ばれる薄いブルー。濃いブルーに比べて軽い印象になるため、ホワイトやライトグリーンなどと組み合わせて春のデニムコーデにもピッタリです。

大きなフリルのあるインナーやレース地のスカートなどと合わせるのも素敵ですね。袖口の広いものや短い丈のものなどを選ぶと、よりガーリーな印象になりますよ。

ユーズドブルー

ユーズドブルーは、初めから使い込まれたかのような色合いを楽しめるカラーです。タイトなパンツやモノトーンのアイテムと組み合わせると、程良い抜け感がプラスされワンランク上のコーデが実現します。

1点モノの古着と組み合わせると、レトロ感あふれるスタイルが完成するのもユーズドブルーならでは。薄めの生地で動きのあるアイテムならば、着崩してのスタイルもオシャレです。

ホワイト

ブルーのデニムシャツになかなかトライできない……という方は、ホワイトのデニムシャツを選ぶのがおすすめです。パンツのイメージが強いホワイトデニムですが、目の覚めるような白がコーデの主役となるでしょう。

また、上半身に視線を集めるため、下半身のボリュームが気になる方にもピッタリです。合わせるインナーは明るいカラーを選び、日差しに負けないフレッシュな印象に仕上げましょう。

ブラック

どんなアイテムにも合わせやすいブラックのデニムシャツは、レディースはもちろんメンズアイテムとしても人気です。上半身をスタイリッシュに見せられるため、少し背伸びしたい日のお出かけ着としてもおすすめですよ。

着痩せ効果の高いブラックは、肩幅が気になる骨格ナチュラルさんも合わせやすいアイテム。色味のある小物を合わせ、差し色も楽しんでみてくださいね。

主役級デニムシャツで個性派コーデに!合わせるアイテムは何が良い?

続いて、おすすめのデニムシャツコーディネートをご紹介します。

まずはデニムシャツの良さを全面に押し出した、個性あふれる組み合わせを見ていきましょう。合わせるアイテムごとにイメージが変わる、デニムシャツの魅力をお楽しみください。

お手持ちのデニムシャツがどう活躍するかについても注目したいですね。

カジュアル過ぎない上品なイメージに!デニムシャツ×スカート

デニムシャツとスカートの組み合わせは、甘すぎないガーリーさが40代にピッタリ。

甘い印象のスカートを避けがちな方も、デニムシャツで締めればチャレンジしやすくなりますよ。

目を奪われるビビッドカラーもデニムシャツでまとまりあるコーデに

パッと目を惹くビビットカラーのスカートは、ホワイトやライトブルーのデニムシャツでまとめるのがコツです。

春夏は肩掛けスタイルで、適度な肌見せをするのもおすすめ。デニムシャツが重たくなりすぎず、暑い季節でもさわやかな印象になりますよ。

こだわりの柄で季節感たっぷりのコーデが完成!

ゆったりとしたフリルスカートに、ソフトな生地のデニムシャツを合わせたスタイルです。ブルーとイエローは補色関係にあるため、より鮮やかな印象に仕上がりますね。

このように、ブルーのデニムシャツにはピッタリ合う色が存在します。夏ならばイエロー、冬ならばあたたかみのあるベージュやライトグレーなど、季節によって色を変えるのもポイントです。

お気に入りのトップスが映える肩掛けスタイル

ギンガムチェックのスカートとハッキリしたグリーンのトップスが個性的なこちらのスタイル。インディゴブルーのデニムシャツが印象を引き締め、まとまりあるコーデとなっています。

この場合、デニムシャツをしっかりと羽織るよりも、肩掛けで軽い印象にするのがおすすめです。お気に入りカラーのトップスも映えやすくなりますね。

いつだってオシャレ最先端!カジュアルに仕上げるデニムシャツ×パンツ

デニムシャツの良さを思う存分引き出せるのが、パンツとの組み合わせです。

シンプルなパンツでデニムシャツを全面に押し出すのも良し、カラーパンツやデザインパンツで個性をプラスするも良し、オリジナリティあふれる組み合わせを見つけてみてくださいね。

個性派パンツと併せて気分の上がる組み合わせに

マーブル柄のパンツに目を奪われるこちらのコーデは、スッキリとしたストラップのサンダルとウエストを絞ったデニムシャツがポイントになっています。

ウエストを高めにすることで脚長効果がプラスされ、よりスタイリッシュに見えるのも魅力的ですね。

ボタンを閉めてワンピース風に!濃いめデニムには差し色が鍵

ロング丈のデニムシャツは、ボタンを閉めてワンピース風にしても素敵です。オーバーサイズのアイテムとタイトなパンツを組み合わせ、コーデにメリハリを持たせましょう。

インディゴブルーのデニムシャツには、個性あふれるパンツや差し色アイテムをプラスするとワンランク上のコーデになります。補色関係にあるビビッドイエローをプラスすれば、綺麗なインディゴブルーがより際立ちますね。

上品なデニムシャツは敢えての露出でバランス良く

クラシカルな印象に近づく濃いめカラーのデニムシャツは、かっちりしすぎて苦手……という方も少なくありません。

タンクトップをインナーとして合わせることで、抜け感抜群のコーデが完成!夏場にピッタリの涼しげなコーデを楽しめます。

インディゴブルー×サンダルのメンズライクコーデは気軽さ抜群

デニムシャツといえばメンズライクコーデ!といっても過言ではないほど、王道ともいえる組み合わせ。

スポーティなバッグやシンプルなサンダルを合わせながら、大ぶりのアクセサリーをアクセントに添えるのがおすすめです。

ホワイトデニムはセットアップでキュートに!

着回し抜群のホワイトデニムシャツは、同系色でまとめてセットアップコーデを楽しむのも流行中!

ホワイトやベージュで全身の印象がぼやけてしまわないよう、ベルトやシューズに濃いめカラーを合わせてまとまりを意識してくださいね。

ブラックデニムはとことんスポーティに決めて

とことんスポーティに決めた、ブラックのデニムシャツが素敵なスタイルです。

ホワイト、ブラウン、ブラックと控えめなカラーでまとめているからこそ、風景に溶け込むような自然な印象に。年齢によっては履きこなすのが難しいチノパンも、デニムシャツとの相性が抜群です。
体型カバーとオシャレは両立できる!デニムシャツ×サロペット
サロペットといえば、ボーイッシュな印象で若い世代ならではのもの……というイメージも多いもの。

しかし体型カバーにも一役買ってくれるサロペットならば、オシャレとボディラインのお悩みを同時に解決できます。

メンズライクなサロペットで落ち着いた印象に

ふんわりとしたボリューミーな袖が可愛いデニムシャツは、シンプルなサロペットで幅広い年代に受け入れられる万能アイテムに。

胸元にあしらわれたフリルが上半身に視線を集め、ヒップ周りのお悩みもカバーしやすくなっています。

デザインにこだわったデニムシャツ×シンプルサロペットが魅力的

ブラウスのように軽い印象のデニムシャツに、こっくりとしたカーキのサロペットを合わせたスタイルです。襟周りのこだわり抜かれたデザインを、シンプルなサロペットが惹き立ててくれていますね。

身長が小柄な方も、トップスにボリュームを持たせることでサロペットを着こなしやすくなります。
お気に入りの色を思い切り着こなそう!デニムシャツ×ワンピース
お気に入りのデニムシャツをめいっぱい楽しみたい方におすすめなのが、ワンピーススタイルです。

合わせる小物を工夫すれば、オシャレ上級者のコーデが完成!ミモレ丈やマキシ丈を選べば、悩みがちな下半身もしっかりカバーできますね。

ゆったりワンピで袖元のカラー見せもバッチリ

マスタードカラーのインナー、ざっくりとしたメッシュのトップス、そしてデニムシャツといったレイヤードがオシャレなこちらのコーデ。

袖口の大きく空いたデニムシャツが、3種類の組み合わせをより美しく見せてくれています。

1枚でばっちり決まるシャツワンピに抜け感ある小物をプラス

高身長さんがさらりと着こなせば、一目置かれるコーデになるのがマキシ丈ワンピースです。

1枚でコーデがバッチリ決まるほか、ウエストを絞ることで脚長効果も抜群。首元や足回りで適度に肌を見せ、重たくなりすぎないよう工夫しましょう。

シンプルなワンピもオシャレボタンのデニムシャツで個性派に

夏から秋にかけて選びたいマスタードカラーは、インディゴブルーのデニムシャツと合わせるのがおすすめです。シンプルなラインのワンピースも、上半身に重心を置きバランス良く仕上げましょう。

また、深みのある色合いでまとめたい時はキラリと光るアクセサリーやボタンのあるアイテムがベストマッチします。

キルティングワンピース×デニムがレトロ感満載!

個性あふれるキルティングワンピースには、ユーズドブルーのデニムシャツでレトロ感満載のコーデに仕上げましょう。ベレー帽とキルト生地、そしてシューズに同色を合わせることでまとまり感もバッチリです。

個性的なアイテムではなく、なじみやすいものばかり選びがちな大人の女性たち。時にはパッと目を惹くファッションでお出かけを楽しんでみるのも素敵ですよ。

さりげないデニムシャツでカジュアル感をプラス!インナーやアウターのおすすめは?


続いて、デニムシャツに合わせやすいインナーやアウターのおすすめアイテムをご紹介します。

一見組み合わせが難しいように見えるデニムシャツですが、見せたい印象やその日の気温によってさまざまなアイテムを合わせられます。

1つのアイテムでも、組み合わせのパターンをいくつか知っておくだけで、レパートリーが増え服選びが楽しくなりそうですね。

どんなアイテムにも合わせやすいインナーはどれ?

デニムシャツとの組み合わせはもちろん、コーデを考える時に悩みがちなのがインナー選び。

ちらりと見えるインナーの色やデザインが変わるだけで、驚くほど印象が変わるのに気づいた方も多いでしょう。

より使い勝手の良い、どんなアイテムにも合わせやすいインナーを選びたいですね。

1枚は持っておきたい万能ホワイト

どんなアイテムにもマッチし、初心者から上級者まで多くの女性に愛されるのがホワイトインナーです。

デニムの種類もインディゴブルーからユーズドブルーまで幅広く合わせられるため、1枚は持っておいて損のないインナーといえるでしょう。

カジュアル一直線の王道ボーダー

デニムシャツのカジュアル感を全面に出したコーデには、ボーダーのインナーがベストマッチ。

風景になじみやすくチャレンジしやすいほか、ボーダーの太さによって与える印象が異なるのも楽しいポイントです。高身長でなかなか合うアイテムがないという方も、横幅を意識できるためおすすめですよ。

インディゴ×グリーンはもはや定番!

インディゴブルーと明るいグリーンの組み合わせは、まさに定番といって良いほど合わせやすいのが特徴です。単体ではなかなか取り入れにくいグリーンも、デニムシャツの惹き立て役として活躍してくれますよ。

胸元だけでなく、袖口からチラリと見えるグリーンもオシャレですね。

デコルテを見せて抜け感アップ!

ボタンを留めて着るデニムシャツは、そのままだと重ための印象になりがちです。

ポイントはデコルテを見せて抜け感をプラスすること、そして下までボタンを留めずにバランスを取ること。ボディの厚みが気になる骨格ストレートさんにもおすすめです。

柄物インナーはデニムの良さを引き立てる

こなれ感満載のユーズドカラーには、個性あふれるトップスを合わせてみてはいかがでしょうか。

シンプルに仕上がりがちなデニムシャツですが、太めのベルトやボリューミーなサンダルで調和のとれたスタイルです。

寒い日のデニムシャツコーデに欠かせないアウターはこれだ!

1枚で主役になれるデニムシャツですが、寒い日にはアウターが必須。

せっかく選んだデニムシャツの良さをかき消すことなく、より引き立てられるアウターを選びましょう。

モノトーンのカーディガンで重たくならない防寒コーデ

ボリュームの出がちなデニムシャツは、アウター選びが難しいアイテムでもあります。上半身のボリュームを抑えたい場合は、収縮色であるブラックをプラスしてみましょう。

デニムでまとめたコーデでも、ブラックのアイテムが1点あるだけで引き締まって見えますね。

ダウンベスト×ユーズドデニムでクールなモノトーンコーデに

モノトーンを組み合わせたクールなコーデでありながら、それぞれのアイテムが絶妙に異なるカラーでワンランク上の印象に。

スポーティなダウンベストとフェミニンなフリルスカートも、同系色を選ぶことでまとまりのあるコーデに仕上がっています。

重ためコートもデニムをチラ見せで個性をプラス

首回りがスッキリすることで上品なイメージのあるノーカラーコートには、中に着こんだデニムシャツでさりげなく個性をプラス。

ハーフパンツで肌を見せることで、全体の印象が重たくなりすぎないのもポイントです。

ニットベストから除くデニムが冬でも明るい印象に

袖口の折り返しが可愛いウエスタンデニムに、ボリューミーなニットベストがオシャレなこちらのスタイル。デニムとニットの色味が似ていることで、素敵な色合いに仕上がっています。

上半身のボリュームに対し、ボトムスはタイトなものを選んでいるのにも注目ですよ。

オーバーサイズのTシャツをプラスしレイヤード風コーデに

オーバーサイズのTシャツを半分に折り込み、クロップド風に仕上げた個性派スタイルです。

シンプルなTシャツにボタンを開けたデニムシャツを組み合わせることで、1枚のレイヤードトップスのように見えるのもオシャレポイントですね。

デニムシャツを上手に取り入れて、オシャレな40代を目指そう

街中を歩いていても、つい目を惹かれてしまうデニムシャツ。

「年齢が気になる」「こんなの着こなせない」と諦めてしまうのはもったいない!ぜひ気になるアイテムを実際に手に取り、素敵なコーデを組んでみてくださいね。

カジュアルにもシックにも印象を変えるデニムシャツだからこそ、さまざまなシーンで活躍してくれるはず。

気合を入れたい日のコーデも、ゆったり過ごしたいプライベートな時間も、お気に入りのデニムシャツと共に素敵な思い出を作っていきましょう。