フレンチディナーの服装選びの5つのポイント

フレンチレストランのテーブル

記念日やデートなどでフレンチディナーに行く場合、着て行く服装はいつものワンピースではなく、結婚式の二次会で着るようなオケージョンドレスがいいのか悩んでしまいますよね。特にホテルにあるような高級レストランだと、普通のワンピースだと浮いてしまわないか心配になります。

まずは、フレンチディナーの服装を選ぶ際のポイントを5つ紹介します。

ポイント1.レストランの種類に合わせて選ぶ

1つ目のポイントはレストランの種類に合わせて選ぶことです。

フレンチレストランには種類があり、それぞれに最適な服装が違います。自分が行くレストランがどの種類なのかをチェックして、着ていく服装を決めましょう。

まずは、フレンチレストランの種類とそれぞれのレストランに最適な服装のドレスコードをご紹介します。

■フレンチレストランの種類とドレスコード

・カフェ:私たちが日常で利用しているコーヒーやスイーツ、軽食を提供するお店。ドレスコードは特にありません。

・ブラッスリー:お酒を飲みながら食事を楽しむフランスの居酒屋。ドレスコードはありません。

・ビストロ:ブラッスリーと同じ居酒屋ですが、ブラッスリーより小さく家庭的な雰囲気のお店。ドレスコードはありません。

・レストラン:高級なフランス料理店。カジュアル過ぎる服装はNG。男性はジャケット着用、女性はワンピースなどきれいめな服装がマストです。

・オーベルジュ:宿泊施設を兼ねたレストラン。最近はホテルにあるレストランを指す場合が多い。服装はレストランと同じですが、高級ホテルの場合はその雰囲気に見合う上質感のあるワンピースがベターです。

・グランメゾン:最高級のフランス料理レストラン。ミシュランの3つ星レストランはグランメゾンです。結婚式の二次会で着るようなドレスで問題ありませんが、ドレッシーなワンピース、スーツでもOKです。

ポイント2. 高級レストランの場合、露出しすぎには注意

2つ目のポイントは、露出をしすぎないことです。

高級レストランでディナーの場合、襟元が大きく開いたドレスが着用されることもありますが、ミニ丈のスカートやショートパンツはNG。カジュアルなオフショルやキャミソールなども雰囲気にマッチしません。

また、ノースリーブや丈の短いスカートを着用しがちな夏も、レストランの中は冷房などで冷えている可能性があるので袖のあるものや羽織りを取り入れておくと安心です。

ポイント3.夜を意識したドレスアップをする

夜景の見えるレストラン
3つ目のポイントは、夜を意識したドレスアップをすることです。

フレンチディナーで着るアイテムは、光沢のあるワンピースだったり色みが夜に映えたりといったものがベスト。昼間のリゾートで着るようなワンピースは、場違いな雰囲気になってしまう可能性もあるので、夜に似合ったアイテムを選ぶことがおすすめです。

ポイント4.足元や小物までこだわる

4つ目のポイントは、足元や小物まで意識することです。

フレンチディナーで着る服装で意外と重要なのが靴。きれいめのワンピースを着ていても靴がスニーカーだとNGです。パンプスなど革製のきれいめな靴を履きましょう。バッグもカジュアルで大きめのものより、小さくきれいめのバッグが最適です。

ポイント5.ジャストサイズのものを選ぶ

5つ目のポイントは、ジャストサイズのものを選ぶこと。

トレンドのオーバーサイズやゆったりとしたシルエットのアイテムが多くありますが、フレンチディナーの場合は避けた方がベター。ゆったりサイズのものはカジュアル感が強くなるので、きちんとした場にはあまりマッチしません。

ジャストサイズでアイテム選びをすることで、身体のラインがほどよく出て、上品さとフェミニンさを演出できるでしょう。

【レストランの種類別】フレンチディナーにおすすめの服装は?

【ブラッスリー・ビストロ】女子会はスマートカジュアルにおしゃれ感をプラスして

ブラッスリーやビストロはフランス料理が食べられるおしゃれな居酒屋で、高級フレンチレストランよりカジュアルな雰囲気が特徴。服装にはドレスコードはありません。
ただ、カジュアルでもおしゃれなレストランが多いので、カジュアル過ぎる服装は雰囲気に合わないでしょう。

カジュアル感があってもおしゃれなワンピースなどスマートカジュアルな服装が最適です。

小花柄のワンピースは上品かつ、程良いカジュアル感がブラッスリーやビストロなどのお店にマッチ。アクセサリーを効かせたりジャケットを羽織ることで華やかになり、おしゃれ感がさらにアップします。ビストロで女子会がある場合などにおすすめですよ。

【レストラン】タイトワンピなどいつもよりきれいめなものを

レストランは高級なフランス料理店を指す名称。着ていく服装はカジュアル過ぎるものはNGです。セミフォーマルのドレスでなくても構いませんが、ワンピースはきれいめなもの、ビジネスライク過ぎないスーツでもOKです。

大学生など学生の方もデイリーに着ているようなカジュアルなワンピースではなく、きれいめのワンピースを着用しましょう。ボリュームスリーブかつ身体のラインがほどよく見えるタイトワンピースは、上品さや大人っぽいカラーとパールのアクセサリーでフォーマルを演出するのがおすすめポイントです。

【カジュアルフレンチレストラン】光沢感あるプリーツワンピースをチョイス

カジュアルなフレンチレストランの場合も、正式なドレスコードは設定されていないことがほとんどです。そんなときには、デニムやサンダルのような極端なカジュアルアイテムを避けてコーディネートを選びましょう。

深みのあるレンガ色のプリーツワンピースは、ほどよい光沢感が上品さを演出してくれるアイテムです。落ち着いたカラーを選んで大人っぽいスタイリングをするといいでしょう。

【オーベルジュ】夜に映えるカラーやおしゃれデザインで大人の装いを

ホテルにあるオーベルジュに着ていく服装は、特にホテルが高級で格式が高い場合、スマートカジュアルより格式が高いインフォーマルのワンピースが最適。エレガントなデザインで夜に映えるカラーのものがおすすめです。

Iラインの総レースドレスはフェミニンかつエレガントな装いに。シンプルなアクセサリーでも華やかに仕上がります。

【グランメゾン】最高級レストランにはセミフォーマルのドレスを

グランメゾンはレストランの中でも最高級の等級になります。着ていく服装のドレスコードはセミフォーマルのドレスが最適です。
シックでエレガントなロングドレスは、繊細なレースの贅沢使いもグランメゾンのレストランの雰囲気にマッチ。ディナーの場合は、ネイビーのドレスに映える濃いめのリップがおすすめです。

【季節別】フレンチディナーにおすすめの服装は?

【春】ホテルのレストランで着用する羽織はジャケットが◎

春の肌寒い時期は、ワンピースの上に羽織ものがあると安心です。きれいめなカーディガンなどを持参しておくのもいいですが、大人の装いに似合うジャケットが羽織りに最適です。
ワンピースの柔らかい雰囲気をジャケットでかっちりと締めてくれ、ほど良くフォーマルなスタイルへと導いてくれるでしょう。

【夏】リネンワンピはカジュアルに寄り過ぎないものを

ビストロやレストランなど高級過ぎないフランス料理店に着ていくワンピースはカジュアルなリネンやコットンワンピでもOKですが、きれいめでカジュアルに寄り過ぎないデザインのものを選びましょう。
袖の刺繍が美しい、デザインリネンワンピースは、上品なシルエットでフォーマルな印象に。ナチュラル素材でもしっかりとした生地感のワンピースは、1枚で大人っぽい雰囲気に仕上がるのでフレンチディナーにおすすめです。

【秋】おしゃれレストランには季節感のあるパンツコンビネゾンで

秋のフレンチディナーにおすすめなのは、季節感のあるカラーやおしゃれな雰囲気のアイテム。シックなパンツコンビネゾンは、パンツのワイドシルエットや袖のディテールと、エッジの効いた小物をチョイスすることで旬な雰囲気のおしゃれ感を演出できます。
ただしパンツアイテムは、グランメゾンなどの格式高いレストランでは避けた方が無難でしょう。

【冬】等級の高いお店にはコートもきれいめに。ダウンもOK、ブーツは避けた方が◎

ノーカラーコート

コートは、正式にはドレスコードには含まれません。それでも、レストランより上の等級のフレンチレストランに着ていくコートは、きれいめでドレスの上に着て違和感のないものを選びましょう。
ドレスコードとは、あくまでも食事中の服装マナーのことなので靴は、ドレスコードに含まれます。ブーツは避けた方が無難。ドレスに合うパンプスなどの靴が最適です。
ノーカラーコートは、少しカジュアルなテイストがフレンチディナーコーデにマッチ。シンプルで綺麗なシルエットなので、大人っぽくコーデがまとまります。
ちなみに、上品でドレスに似合うものであればダウンコートもOKですよ。

フレンチディナーにおすすめの服装&ファッションアイテム10選

「フレンチディナーをするのにぴったりなファッションアイテムがない!」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、フレンチディナーで取り入れたいファッションアイテムや服装を10個紹介していきます。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【1】シャツワンピース

フレンチディナーに行くのであれば、普段と同じ格好や、カジュアルすぎる格好よりも、少しフォーマルで特別感のある服装をしたくなりますよね。
シャツワンピースなら気取りすぎていない雰囲気を持ちながらもきちんと感があるため、フレンチレストランでのディナーに着て行く服装としてぴったり。
落ち着いたカラーを選ぶと大人っぽさを演出。小物で色を入れることで、周りの人と差のつくおしゃれコーディネートに仕上げてくれますよ。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【2】ベルベットワンピース

秋冬であれば、ベルベット素材のワンピースが断然おすすめです。
胸元からショルダー部分にかけてレース素材になっているベルベットワンピースは、重たすぎない印象に。タイトなシルエットでぐっと女性らしい雰囲気に仕上がります。
さらにブラックの光沢感のあるベルベットが、秋冬ならではの季節感はもちろん、上品な雰囲気を演出してくれるでしょう。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【3】スラックス

スラックス

普段からあまりスカートやワンピースを着ない…という方は、フレンチディナーにマッチするきれいめなスラックスを持っておくのがおすすめ。パンツとブラウスを合わせたスタイルは、きちんと感はもちろん簡単におしゃれに見せられます。
また、スラックスはビジネススタイルにも活躍してくれますし、ブラウスやパンツそれぞれでも使い回せるので、持っておいて損はないでしょう。
パンツスタイルのセットアップは、きちんと感はもちろん、セットで着るだけでおしゃれ見えします。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【4】フレアスカート

フェミニンな印象の強いフレアスカートは、フレンチディナーの時に使えるアイテム。生地は、さらりとしたものやレースを選ぶことで、カジュアル感が抑えめになるのでおすすめです。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【5】ブラウス

フレンチディナーなどのキチンとしたシチュエーションで使いやすいブラウス。1枚持っておくと便利です。

華やかさと上品さがあるアイテムで、スカートにもスラックスのようなパンツにも似合います。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【6】ワンピース

フレンチディナーにはやはりワンピースが便利です。
ゆったりしたワンピースは楽ちんではあるものの、やはりカジュアル感が強まってしまいます。ウエストがほどよく絞られているワンピースであれば、メリハリのあるシルエットを作れるのでカジュアルになりすぎず、おしゃれなフレンチディナーにマッチするといえるでしょう。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【7】ニットワンピース

身体のラインを美しく見せてくれるアイテムとしてニットワンピースもおすすめです。
たとえ冬場でもレストランでかなり冷え込むということはありませんが、ニットアイテムはちょうどよく身体を温めてくれるでしょう。
ブラックのニットワンピースはかわいくなりすぎないのにフェミニンさを忘れないスタイルに仕上がりますよ。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【8】ノーカラージャケット

ノーカラージャケット

ジャケットもフレンチディナーにおすすめのアイテムのひとつです。

ノーカラージャケットは、同じジャケットでもテーラードジャケットよりもフェミニンさがあることが特徴。ワンピースやブラウスの上に羽織るだけでかっちり感が出るので、フレンチディナーのような上品な場にぴったりです。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【9】パンプス

フレンチディナーにスニーカーは避けた方がベター。上品で足元を美しく見せてくれるヒールを持っておくのがおすすめです。

ベーシックカラーのパンプスであれば、ドレスはもちろんパンツスタイルにも合わせやすいので活躍してくれるでしょう。

フレンチディナーにおすすめのアイテム【10】パーティーバッグ

フレンチディナーの際には、大きなバッグではなく椅子に座ったとき背面に置けるサイズとマチのバッグがベストといわれています。
ダークカラーのドレスやワンピース、スカートなどを着用する場合は、バッグや小物で色を効かせるのがおすすめです。

【レストランの種類別】フレンチディナーでのNGな服装は?

【ブラッスリー・ビストロ】フレンチディナーでのNG服例

ブラッスリーやビストロは、フランス料理店のなかでも気軽に食事を楽しめるお店です。ドレスコードもなく、お店によって許容範囲もそれぞれですが、やはり過度にカジュアルな服装はNGです。
具体的には、ビーチサンダルや短パンといった部屋着に近いものやスポーツウェアなどが挙げられます。ネオンカラーや、キャラクターものなど個性的すぎるファッションもお店の雰囲気に合わないでしょう。

【レストラン】フレンチディナーでのNG服例

ブラッスリー・ビストロと比べてレストランは高級なフランス料理店です。やはりお店の雰囲気に合わない服装はNG。
具体的には、丈の短すぎるワンピースなど露出の多い服装や、足音が響くハイヒール、デニム生地もカジュアル過ぎるので避けたほうが無難です。バッグは、ディレクターバッグやリュックタイプなどの大きすぎるものは避けましょう。

【カジュアルフレンチレストラン】フレンチディナーでのNG服例

たとえ正式なドレスコードが設定されていなくても、お店の雰囲気に合わせた上品なコーディネート選びを意識したいものです。形は上品なワンピースでも、赤や黄色、緑など全身ビビッドな色合いでは浮いてしまいそう。
アクセサリーは、シンプルなパールネックレスや一粒イヤリングがおすすめです。音が出るような重ね付けのブレスレットやお皿にぶつかりそうなロングネックレスはやめておきましょう。

【オーベルジュ】フレンチディナーでのNG服例

オーベルジュでのディナータイムの服装は、ドレスの素材にもこだわりましょう。格式が高いインフォーマルドレスはすべて、総レースやオーガンジー、シルクといった上質な素材でつくられています。
ランチタイムはカジュアルな服装が許されていますが、ディナータイムではレザー、アニマルファーを使ったアイテムはNGです。
フォーマルな場ではヒールの高さは3センチ前後が最適。ハイヒール、つま先やかかとの出るミュールやサンダルもやめておきましょう。生足はマナー違反になるので、薄手のヌードカラーのストッキングがおすすめです。
また清潔感がないものや、傷や汚れのあるものは言うまでもなくふさわしくありません。

フレンチディナーでのNG服例【グランメゾン】

フレンチレストランの中で最高級のグランメゾン。ノースリーブドレスだけではマナー違反になります。
コロナ渦の現在は、感染対策による換気で店内が肌寒いといったケースも。必ずジャケットやボレロを用意しておきましょう。
食事中は髪の毛を触らないのがマナー。フレンチディナーのヘアスタイルは、食事の邪魔にならないようなアップスタイルがおすすめですよ。

【保存版】フレンチディナーでの基本テーブルマナー

フレンチディナーの訪問前マナー

格式高いレストランへは、必ず予約をしてから伺います。ほとんどのお店は、当日の予約は受け付けてもらえません。
ドレスコードの有無を確認したり、プロポーズやお誕生日といったお祝いの内容や、重要な接待などはあらかじめ伝えておきます。
入店の直前にお手洗いを済ませておきましょう。

フレンチディナーの食事中マナー

【着席】フレンチディナーでの基本マナー

着席は必ず左側から。退席の際も左側から立ち上がります。バッグはお尻と椅子の背もたれの間に置きましょう。

【カトラリー】フレンチディナーでの基本マナー

ナイフやフォークは外側から順番に使います。音をたてないよう静かに扱います。
右利きの場合、右手にナイフ、左手にフォークを持ちます。それぞれ人差し指を添えて、肘は貼らずにリラックスした姿勢がスマート。
食事中は、ナイフとフォークをお皿の上に八の字に置きます。ナイフは刃を自分に向けて、フォークは伏せて置きましょう。食後は、揃えてお皿の右下に置くと、お皿を下げてもらえます。
落としてしまったときは自分で拾わずにお店のスタッフにお願いしましょう。

【ナプキン】フレンチディナーでの基本マナー

食前酒または前菜のタイミングで膝に広げ、輪が手前になるように折り膝に広げます。口元を拭う際はナプキンの裏側の端を使いましょう。
途中で席を離れるときは無造作に椅子の上に置きます。綺麗にたたまれたナプキンは「料理がおいしくなかった」サインなんだそうですよ。
カトラリーと同様に、ナプキンも自分で拾うのはNGです。

【飲み物】フレンチディナーでの基本マナー

軽く口元を拭ってから飲みます。グラスに口紅や油汚れをつけないようにするためです。
ワインを注いでほしいときは、軽くグラスの脚に手を添えてスタッフと目を合わせるとスマートです。

【スープとパン】フレンチディナーでの基本マナー

スープは、スプーンを手前から奥へ動かし、最後はスープ皿を手前に傾けていただくのがマナーです。
パンは、スープを飲み終わってから。かじらずに一口ずつバターをつけていただきます。

【メイン料理】フレンチディナーでの基本マナー

お魚やお肉もパンと同様に、全て一度に切らずに、左側から一口ずつ切り分けていただきます。骨つきのお肉は、ナイフとフォークで丁寧に骨から外していただきます。
手を使ってもOKです。その際は、テーブルに置かれた小さなボウルの水で、指先を軽くすすぎます。

【デザートとカフェ】フレンチディナーでの基本マナー

デザートでは、硬いものはナイフを使い、柔らかいものはスプーンを使いましょう。
コーヒーにミルクやお砂糖を入れて混ぜたスプーンは、カップの向こう側に置きます。

【退席】フレンチディナーでの基本マナー

無造作にたたんで食後の退席ではテーブル右側に置きましょう。綺麗にたたまれたナプキンは「料理がおいしくなかった」サインです。
お店のスタッフにも、そして素敵な場を設けてくれたホストにも、感謝の気持ちを丁寧に伝えて帰りましょう。

【NG例】フレンチの食事マナーQ&A

□フレンチディナーでは香水をつけてもいい?

食事は五感を使って愉しむもの。食事中に香水の強い香りを漂わせるのはマナー違反です。
どうしてもつけたい場合は、食後のお化粧直しの際にしましょう。量は少なめに、さらに、首筋など上半身ではなく足首や膝の裏につけることで、ふんわりと控えめに香ります。

□フレンチディナーの最中にスマホを使うのは?

写真撮影にはお店ごとのルールがあります。事前に聞いておくか、または勝手に撮影せずに必ずお店側に確認をしてからにしましょう。
スマホをテーブルの上に置くのは不潔なのでマナー違反です。マナーモードにしておくか、電源を切っておくと好印象です。緊急の連絡はひとこと伝えてから席を立ちましょう。

□フレンチディナーでは飲み物を注がれるときにグラスをもつ?持たない?

飲み物を注がれるときにグラスに手を添えたり脚を持つのは、実はマナー違反。お水やソフトドリンクも注がれてるときはグラスに手は触れないように。
また、飲み物を自分で注いだり、人に注ぐこともNG。必ずスタッフにお願いしましょう。

□フレンチディナーで音を立てるのはNG?

カトラリーを「カチャカチャ」させたり、椅子を「ギーッ」とひいてスープを「ズルズル」。欧米では食事中にこのような音を出すことはマナー違反です。
焦らず落ち着いて、いつもよりゆったりとした動作を心がけて食事を楽しみましょう。

□フレンチディナーで自分のハンカチを使ってもいい?

口元を拭うときはおしぼりやハンカチは使いません。ナプキンがあるのにおしぼりやハンカチを使うことは、「ナプキンが汚く使えない」というサインになります。

□フレンチディナーで料理が食べきれないときは?

食べ残した料理をお皿の右側に寄せてから、ナイフとフォークを揃えてお皿の右下に置くとスタッフが下げてくれます。

□フレンチディナーの途中でトイレに行きたくなったら?

トイレなど途中で席を立つタイミングはデザートタイムがベスト。どうしても行くならテーブルから料理が下がったときに。お手洗いは直前に済ませておきましょう。

□フレンチディナーは「別々に」お会計してもらえる?

お会計の際に、お店のスタッフに手間をかけさせるのはスマートではありません。正式なフレンチレストランでは、お会計はゲスト全員分をまとめて支払いましょう。