マットネイルとは

マットネイルとは、ツヤのない仕上がりから大人っぽく知的にみせられるネイルです。
そもそもマットとは日本語で「つや消し」「光沢のないさま」という意味があり、女性から好感をもてる人気のネイルとなっています。

マットネイルの魅力5選

マットネイルはツヤを消したデザインのネイル。ボルドーやネイビーなど秋冬に人気のシックなカラーと相性が良いですが、パステルカラーなど春らしいカラーともマッチします。まずは、マットネイルの魅力を確認してみましょう。

【魅力1】いろんなデザインと合わせられる

マットネイルはシンプルなワンカラーネイルだけでなく、グラデーションネイルやフレンチネイル、ストーンを使ったネイルなどさまざまなデザインとよく合います。定番のデザインもマットネイルにすると、今までにない質感を楽しめるでしょう。

【魅力2】落ち着いた雰囲気

ツヤを消したマットネイルは落ち着いたイメージ。大人っぽいので、オフィスネイルにも人気です。

【魅力3】大人びた指先にできる

ツヤのない落ち着いた色合いは、若い世代に大人気。100円ショップにマットコートが売ってあることから、気軽に大人びた雰囲気を演出できます。

【魅力4】気分を変えたい時にピッタリ

落ち着いた色合いが特徴でもあるマットネイルは、その日の気分によって雰囲気を変えられます。

季節や時期によって使い分けてみましょう。

【魅力5】自宅で自分にあったデザインを作れる

マットコートがあるだけで自宅でデザインを創作できます。色んな種類のジュエルとも相性がいいのが魅力で、あなたに合ったオリジナルデザインを作れます。

春にオススメのマッドネイルデザイン15選

春におすすめのマットネイルのデザイン【1】くすみピンク×ホワイトの手描きアートネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Laule'a ラウレア(@laulea2019)がシェアした投稿 -

くすみピンクは落ち着いたピンク。トレンドのカラーで、春はメイクやコーデだけでなくネイルに取り入れるのも人気です。ホワイト×くすみピンクのマットネイルに手描きアートを施したネイルはおしゃれ。適度に抜け感があり、大人っぽい印象です。

春におすすめのマットネイルのデザイン【2】クリアベースのブラウンでアンティークネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

????????????????????????.????????????(@nanakonails.shanghai)がシェアした投稿 -

クリアベースのブラウンは肌馴染みの良いカラー。派手に見えないので、オンでもオフでもOKです。ブラウンとホワイトのマットネイルは落ち着いた雰囲気。少しだけアートをすると、アンティーク風のネイルに仕上がるでしょう。

春に流行るローズピンクのメイクとも相性が良いです。

春におすすめのマットネイルのデザイン【3】イエロー×ホワイトのグラデーションネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネイルサロンAmpilica(@ampilica201222)がシェアした投稿 -

グラデーションデザインのマットネイルも人気。ライトイエローやホワイトのグラデーションネイルをマットにすると、春の陽気にマッチする明るいイメージのネイルになります。ホログラムなどを使って女の子らしさを演出するのもおすすめです。

春におすすめのマットネイルのデザイン【4】ドットのフレンチネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuka kakita(@yukarikaryu)がシェアした投稿 -

春はドット柄が人気。ガーリーなコーデはもちろん、ネイルにもドット柄を取り入れる人が多いです。定番のフレンチネイルをドット柄にしてマットに仕上げると、可愛さと大人っぽさを両立したネイルが完成します。

さりげなくゴールドラインを引いたり、小さめのパーツを置いたりしても良いでしょう。

春におすすめのマットネイルのデザイン【5】モノトーンの単色×水滴ネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIE(@___riesato___)がシェアした投稿 -

水滴ネイルはその名前の通り、水滴が乗っているようなネイル。透明感があり、春にぴったりの涼しげなデザインです。モノトーンの単色ネイルに水滴を合わせると、透明感のある印象に。マットネイルをベースにすると、水滴の輝きを引き立てられるでしょう。

春におすすめのマットネイルのデザイン【6】マット×ラメのアシメネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nail a Lily❁Aki(@aki_nailalily)がシェアした投稿 -

アシメネイルは左右で違うデザインのネイルのこと。いろんなデザインのネイルを一度で楽しめると人気です。春は落ち着いたホワイトのマットネイルとパッと目を引くラメネイルでアシメネイルにすると、個性的な雰囲気になるでしょう。

立体感のあるアートを施すと、さらに垢抜けられます。

春におすすめのマットネイルのデザイン【7】花柄のきれいめネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

yori(@yoriyoriririy)がシェアした投稿 -

花柄は春に大人気の柄。白の花柄ネイルにグリーンのストーンをのせると、ナチュラルなネイルになります。マットコートで仕上げれば、派手さを抑えられてカジュアルなイメージになるでしょう。入学式などの特別な日にもおすすめのネイルデザインです。

春におすすめのマットネイルのデザイン【8】クリアベースのシンプルオフィスネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ありちゃん(@arichan1229)がシェアした投稿 -

オフィスネイルはシンプルが無難。春は肌馴染みの良いクリアカラーやベージュ、ピンクなどからカラーを選ぶと良いでしょう。クリアベースのワンカラーマットネイルはきれいめで上品。すりガラスのようなマットネイルの質感を存分に楽しめます。

シンプルなマットネイルはショートネイルに合わせやすいのも魅力です。

春におすすめのマットネイルのデザイン【9】ストーンを使った華やかネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

sakinail(@nailsaki)がシェアした投稿 -

マットネイルは落ち着いたイメージが強いですが、ストーンをたくさん使った華やかなネイルとも合わせられます。

春はピンクやブルー、クリームベージュなどのカラーのネイルにシルバーやゴールドなどのストーンをのせると可愛いでしょう。マットネイルはキラキラとしたパーツの輝きを目立たせたい時にもぴったりです。

春におすすめのマットネイルのデザイン【10】すりガラス風フラワーネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hetarekatyanがシェアした投稿

すりガラス風フラワーネイルとは、透明感のあるマットな質感が特徴なデザインです。

すりガラスにお花のデザインをいれることで、春の陽気な暖かさを演出するのにぴったりです。

春におすすめのマットネイルのデザイン【11】ローズクォーツネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぴぽ(@pipo0229)がシェアした投稿

淡いピンクが特徴なローズクォーツネイル。ローズの様な優しい雰囲気を、マットネイルとコラボさせることで、より春らしいネイルと仕上がります。

春におすすめのマットネイルのデザイン【12】クリアベースのピンクネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

kananela(@anela_kana)がシェアした投稿

モテクリエイターであり、実業家のゆうこすさんが付けているピンクのクリアネイル。春らしい色合いやツヤが、目立たないマットな質感によって再現されたネイルです。

春におすすめのマットネイルのデザイン【13】春っぽく仕上げたひよこネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝚢 𝚞 𝚔 𝚒 ☽(@grancieux_yuki)がシェアした投稿

マットネイルは大人な雰囲気を出すこと以外に、ツヤを消すことで可愛さを目立たせる力を備えています。可愛さを強調したい場合には活用しましょう。

春におすすめのマットネイルのデザイン【14】虹色ネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝐀𝐢 𝐂𝐡𝐚𝐧𝐧𝐞𝐥🦋💜💎(@ai_tinker_b)がシェアした投稿

虹色といえば明るくきれいな印象があると思います。マットコートを使ってツヤを消すことで、格好いい虹色ネイルに仕上がります。艶やかなネイルで着飾りましょう。

春におすすめのマットネイルのデザイン【15】ハートネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIKO(@riixten)がシェアした投稿

可愛さをもつハートに、くすんだ色を合わせることで、おしゃれなネイルに仕上がります。落ち着いた雰囲気を出すことで、春っぽさが表現されるためオススメとなります。

マッドネイルを自宅でする方法や準備物について

マットネイルは実はセルフネイル初心者さんにでも簡単にできます。

ではどんなものを準備することで、セルフネイル出来るのかステップ形式でご紹介します。

【ステップ1】マットネイルを自宅でする時の準備物

最初に絶対に必要なものをご紹介します。

・マットトップコート
・トップコート
・ベースコート
・爪用ヤスリ
・キューティクルリムーバー
・爪切り
・ネイルファイルセット
・爪磨き

上記のようなグッズを揃えることでセルフネイルができます。

おすすめグッズ【1】トップコート・マットトップコート・ベースコート3本セット

セルフネイルに必要な3つのセットです。下準備には「ベースコート」下地には「トップコート」仕上げは「マットコート」、マットネイルには欠かせないアイテムがセットでお得に購入できます。

 

おすすめグッズ【2】ウルンラップの爪やすり

ウルンラップの爪やすりは「簡単」に「早く」「キレイ」に仕上げることができます。ガラス製の爪やすりのため、ツヤが14日間持続する効果があり大小2サイズセットで購入が可能です。
セルフネイル初心者さんにオススメな商品となります。

 

おすすめグッズ【3】PROSTジェルネイルリムーバー

PROSTのジェルネイルリムーバーは、日本製でよく落ちる純枠の100%アセトン使用です。アセトン100%のため、ジェルの溶けが早く時間短縮にオススメなアイテムです。

 

【ステップ2】爪の手入れをする

セルフネイルする時に一番大事なのが、最初におこなう爪の手入れです。

爪は皮膚と同じで繊細な作りとなっています。

爪の手入れをする時に、良くやりがちな失敗例として「ハサミ」や「爪切り」を使うことです。

この2つを使ってしまうと、爪を傷つけてしまう恐れがあるため注意しましょう。

爪の手入れをする際は「爪やすり」を使うことで解決します。使うポイントは力任せにこするのでなく、優しく時間をかけてこすることが重要です。

【ステップ3】ベースコートを決めて塗った後に1度乾かす

ベースコートとはメイクでいう下地です。マットネイルをする時もこの下準備をすることにより、「持ちの長さ」や「仕上がり」に大きな差がでます。

爪の手入れができたらベースコートで下地を作りましょう。

【ステップ4】好きなネイルポリッシュを決めて塗ったあと乾かす

下地が出来たら次はネイルポリッシュを決めましょう。

ネイルポリッシュとは「ネイル(マニキュア)カラーの正式名称」のことをいいます。ネイルポリッシュは手足の爪を装飾したり保護する役割があります。

【ステップ5】さいごにマットコートを使って2度塗りして乾いたら完成!

最後はマットコートを塗って完成です。なぜ最後にマットコートを使うのかというと、マットとは「光沢のないさま」や「つや消し」という意味から、ツヤをなくす役割があります。

だからマットコートを使うことで、大人っぽく魅力的なネイルになる最後の仕上げとなります。

マットコートがない場合は、マニキュアにベビーパウダーを混ぜてもマットネイルになります。好みの質感に合わせてベビーパウダーの量を調整してください。

マットネイルのデザインや自宅で簡単にするやり方のまとめ

最後にもう一度セルフネイルする時の手順をまとめます。

1.セルフネイルする時に必要なアイテムを揃える
2.爪のお手入れをする(下準備)
3.ベースコートを塗る(下地)
4.好きなネイルポリッシュを決めて塗る
5.マットコートを使ってマットに仕上げる

春はベージュネイルが人気!

さまざまな女性の肌に合わせやすいベージュカラー。落ち着いた上品な印象になるため、オフィスネイルとしても活躍します。どの季節でも使えるほか、季節ごとにデザインを変えて楽しみやすいのも特徴。重くなりすぎず、パステルカラーやふんわりとしたガーリーなファッションと合わせやすいでしょう。

ヌーディーで他の色の邪魔をしないのもベージュネイルの魅力。単色で使うと派手になりがちなビビッドカラーも、ベージュでまとめると洗練された印象に仕上がります。

仕事や家事、育児などで忙しい女性にとっては、自爪の色と似ていて爪が伸びても分かりにくいのが嬉しいですね。ネイルサロンに行ったりできない人にもおすすめですよ。

ベージュネイルのメリット

手軽に取り入れやすいのが特徴のベージュネイルですが、他にも多くのメリットが存在します。

これまでベージュネイルを試したことがないという方や、普段はビビットカラーが好きだという方も、1本は持っていて損はないでしょう。

肌なじみが良く初心者でもチャレンジしやすい

爪の色、そして肌の色と似ているベージュカラーは、ネイル初心者でもチャレンジしやすいカラーです。自分にはどんな色が合っているのか分からないという方でも、塗ってみるとしっくりなじんでくれるでしょう。
一言でベージュネイルといっても、濃いものから薄いもの、青系から赤系などさまざまなカラーがあります。より自分に合ったネイルを楽しみたい場合は、絶妙な色の違いにも注目してみてくださいね。

オフィスネイルとしても使える

パッと見て手元が目立ちにくいベージュカラーは、オフィスネイルとしても活躍してくれます。いくら目立つカラーがNGだからといって、なんのケアもしていないままでは清潔感がありませんよね。
さりげなく、それでいてしっかりとケアしていることが伝わるため、ファッションやヘアスタイルなどさまざまな面にも目を向けてもらいやすくなるでしょう。

自爪が綺麗に見える

元々の爪と似たカラーを選ぶと、爪が細く綺麗に見えます。白い部分が隠れるのはもちろんですが、乾燥が原因で起こる爪の縦筋、二枚爪などをカバーできるのもポイントですね。

自爪の形が横長だったり、サイズが小さかったりする方でも大丈夫!自爪の色と似ているベージュネイルを塗れば、そのツヤ感で、まるで自爪が伸びたかのような仕上がりになりますよ。

指が長く見える

自爪を綺麗に見せるベージュカラーは、指を細く長く見せる効果も期待できます。

指や手をより綺麗に見せたい場合は、お悩みに合わせたベージュカラーを選ぶのがおすすめ。くすみが気になる場合は青寄りのベージュを、血色感のなさがお悩みの場合は赤寄りのベージュを選び、理想の手元を目指しましょう。
男女問わず、相手の手元に注目がいきがちな人が多いもの。普段のケアが顕著に表れる手元だからこそ、少しでも綺麗に見せておきたいですよね。

アレンジ次第で清楚にもゴージャスにもなる

ナチュラルな印象に仕上がるだけでなく、組み合わせるカラーやパーツによって雰囲気が変わるのがベージュネイルのメリットです。デイリー使いならばシンプルに、デートにはピンクや可愛いパーツを取り入れて甘めに仕上げると良いでしょう。

ネイルサロンでプロにデザインしてもらうのも素敵ですが、セルフネイルで使えるパーツもたくさん登場しています。シールタイプやジェルで埋め込むタイプなど、見ているだけでワクワクしてしまうアイテムが盛りだくさんですよ。

肌に合うベージュネイルを選ぶポイント

繊細な色味の多いベージュネイルの中から、自分に合ったカラーを選ぶのは難しい…と思っていませんか?自分の肌が何タイプなのか、どんなイメージに見せたいのかによって選ぶカラーが変わってきます。

ネイルはもちろん、コスメやファッションを決める際にも注目したいのが「肌の色味」。イエローベースかブルーベースに分かれた後、それぞれ「春タイプ」「夏タイプ」といった4種類に分類されます

ブルベにおすすめのベージュネイル

肌の色が白く、日焼け後に赤くなりがちな方が多いブルーベース。腕の内側に浮き出る血管が青みがかっていたり、瞳の色が黒に近かったりといった特徴があります。

■ブルーベース×夏
ブルーベースの中でも、儚げで清楚な印象の夏タイプ。髪質は柔らかく細め、黒目と白目の境目がにじんでいるなどが見分けるポイントです。

そんな夏タイプにおすすめのベージュネイルは、ピンクの入った明るめのカラー。繊細なラメの入ったカラーや、パール配合のものも似合います。

■ブルーベース×冬
クールで強い女性といった印象を抱かれがちが冬タイプは、ハッキリとした色味が似合うタイプでもあります。髪が黒くてまっすぐなこと、ミラーやシルバーなどの輝くアクセサリーが似合いやすいのが特徴です。

冬タイプにおすすめなのは、グレーベージュ。5本の内1本の指だけにビビッドカラーを塗り、コントラストを楽しむのも素敵ですね。マットに仕上がるトップコートや、大ぶりのラメ入りネイルもピッタリです。
 

OPI ISL21 メインテイニング マイ サンディティ

1度塗りでも綺麗に発色するOPIのネイルカラーです。ヌーディでありながら、グレー寄りのベージュが手肌を綺麗に見せてくれるでしょう。

ジェルネイルのようにぷっくりとツヤのある仕上がりで、手軽にサロン級のネイルが楽しめます。

 

ADDICTION ザ ネイルポリッシュ 002P ビスチエ

柔らかい印象に仕上がるピンクベージュが、ブルーベースの肌に血色感を与えてくれるネイルポリッシュです。繊細なパールがたっぷり含まれているため、手を動かすたびにキラキラときらめくネイルにうっとりしてしまいそう。

5分程度で仕上がる速乾タイプのため、忙しい中でも手軽にネイルを楽しめますね。

イエベにおすすめのベージュネイル

イエローベースは肌の色が黄みがかっていて、血管が緑っぽく見えるのが特徴です。日焼け後には肌が黒くなりやすく、ハツラツとした印象の方が多いでしょう。

■イエローベース×春
可愛らしくふんわりとした春タイプのイエローベースは、健康的で明るいイメージの方が多い印象。髪の色も茶色っぽく、色素が薄く見えることも多いでしょう。春の暖かい日差しに負けないよう、輝きのあるアクセサリーが似合います。

春タイプにおすすめのベージュカラーは、種類が豊富で選ぶのも楽しくなってしまいそう。オレンジやイエローの混ざった明るめのベージュを選び、ツヤ感たっぷりに仕上げるのがポイントです。

■イエローベース×秋
落ち着いた印象の秋タイプは、大人っぽいネイルやファッションが似合います。秋のイメージに合う、フェミニンで上品な方が多いでしょう。日焼けをしやすいのも特徴で、小麦色の肌が印象的な方も少なくありません。

秋タイプが得意とするベージュカラーは、ブラウン寄りのこっくりとした秋カラーです。落ち葉やどんぐりなどをイメージしやすい、深みのあるカラーがおすすめ。オレンジやブラウン、カーキなどのネイルと合わせ、マットで落ち着きある仕上がりにチャレンジしてみてくださいね。
 

OPI NLP61 サモアンサンド

デイリーからオフィスネイルまで、幅広く使えるカラーです。肌の色味に近いため、美爪効果や美肌効果も期待できるでしょう。

1度塗りならばクリアな印象に、2度塗りするとしっかりと色づくため、調整次第で印象が変わるのもポイントです。

 

ADDICTION ザ ネイルポリッシュ 007S バニラブレイク

さらりとつけられるシアータイプのネイルポリッシュです。仕上がりが重たくなりにくいため、大ぶりのパーツやラメをプラスして個性派ネイルを楽しむのもおすすめ。

秋の風景になじむナチュラルな仕上がりのため、自撮りを楽しむ時にもピッタリですよ。

 

春におすすめのベージュネイルのデザイン【1】キラキラなグリッターネイル

ベージュは控えめになりがちなカラーです。普段使いにはそのままでも良いですが、春のイベントを楽しみたい時は、キラキラなグリッターやラメをプラスし華やかさに仕上げてみてはいかがでしょうか。

肌になじみやすいベージュカラーは、爪の形で印象が変わるカラーでもあります。丸みのあるオーバルならば優しい印象に、先端をまっすぐ整えたスクエアネイルならば存在感がアップしますよ。
 

RMK ネイルラッカー 18 ホリデーライツ

落ち着いたベージュカラーに個性をプラスするグリッターネイル。1度塗りでさりげなく見せるも良し、2度塗りで鮮やかに見せるも良し、さまざまな楽しみ方ができるマルチアイテムです。

繊細なゴールドのラメは、ベージュと相性抜群!爪先に少しだけ塗って、「塗りかけネイル」を楽しむのもおすすめですよ。

 

LUNASOL ネイルポリッシュ 08 Sandy Beige

高級感溢れるボトルが乙女心を刺激するネイルポリッシュです。1度塗りでしっかり発色するほか、伸びが良いため初心者でもムラになりにくいのが嬉しいですね。

深みのあるピンクベージュのため、可愛くなりすぎない大人びた印象に。春でも落ち着いて見せたい大人女子にピッタリです。

 

春におすすめのベージュネイルのデザイン【2】グラデーションネイルで上品に

ベージュのグラデーションネイルは上品に仕上がるため、大人の女性に人気のカラーです。グラデーションネイルに細フレンチをプラスしたり、シルバー系のパーツを置いたりすると、春にピッタリの明るいイメージになりますよ。
 

uka beige study two 2/2

「控えめでいたい」というキャッチコピー通り、さりげなく仕上がるヌーディなカラーです。グラデーションネイルで爪の形を綺麗に見せれば、チラリと見えた手元に注目してもらえるでしょう。

美容成分配合で、自爪に優しいのもポイント。目立たないところも綺麗に保ちたい、乙女心に寄り添ったネイルといえます。

 

ちふれ ネイルエナメル 細筆タイプ 009 シルバー系ラメ

ベージュカラーとの組み合わせで、両者の良さがより引き立つシルバーカラー。細かいラメがたっぷりつまったネイルポリッシュは、部分使いにピッタリです。

細筆タイプでフレンチネイルやラインアートに使いやすいため、1本は持っておきたい万能アイテムです。

 

春におすすめのベージュネイルのデザイン【3】大理石ネイルでクラシックな印象に

ベージュや白を使った大理石ネイルは上品でクラシックな印象に仕上がります。普段使いはもちろん、結婚式のお呼ばれなどでも活躍してくれるでしょう。落ち着いたベージュネイルに白などの明るいカラーを合わせると、さわやかで春らしいネイルデザインになります。
 

コスメデコルテ ネイルエナメル WT041

発色しにくいことの多いホワイトですが、コスメデコルテのネイルエナメルは1度塗りで高発色なのがポイント。繊細な筆使いが必要な大理石ネイルにピッタリの塗りやすい筆を採用しています。

 

ちふれ ネイルエナメル 細筆タイプ 013 ホワイト

デザインを施しやすい細筆タイプのネイルポリッシュです。プチプラで購入できるコスパの良さも人気の理由といえるでしょう。

ちふれのネイルポリッシュは、どれも速乾性が高いのが特徴です。細かいラインがすぐに乾くため、こだわりのデザインに挑戦しやすいでしょう。

 

春におすすめのベージュネイルのデザイン【4】押し花や水滴でトレンドネイル

ベージュネイルは無難な印象に仕上がるため、そのままでは個性が出しにくくなってしまいます。よりトレンド感を出したい時は、押し花パーツや硬めのジェルで水滴のデザインを取り入れてみましょう。春らしい押し花や水滴のデザインは、シンプルなベージュネイルを今風のネイルに格上げしてくれます。
 

パラジェル クリアジェルEX

密着力が強く、ジェルネイル初心者にも使いやすいクリアジェルです。硬めで流れにくいため、ぷっくりとした水滴ネイルにピッタリ。筆で好みの場所にのせるだけで簡単にアートが完成します。

 

ネイルタウン ネイルシール F021

貼りつけるだけで繊細なフラワーアートを楽しめるネイルシール。色々なカラーや形が揃っているため、ベースとなるベージュカラーやその日の気分に応じてお気に入りのデザインを選びましょう。

手書きでは難しいデザインも、ネイルシールならば手軽に取り入れられますね。

春におすすめのベージュネイルのデザイン【5】メタリックゴールドの細フレンチでかっこよく

ベージュはフレンチネイルのベースとして定番のカラー。メタリックゴールドの細フレンチを組み合わせれば、女性らしさを残しつつ、それでいてクールに決められます。春はベースにクリアなベージュを選び、軽やかな仕上がりを意識しましょう。
 

ネイルホリック アート GD083

ドラッグストアなどでも手軽に購入できるネイルホリックの製品。その中でも使い勝手の良い極細シリーズは、細めのフレンチを描きやすい人気アイテムです。

ラメが細かくギラギラしないため、ベージュに合わせても目立ちすぎないのがポイント。ゴールドを取り入れたいけど派手になるのが気になる…という方にもおすすめですよ。

 

ICE GEL A BLACK スターギャラクシージェル 1153 LIKE DEW ホワイトワイン

ホワイトのベースにラメがたっぷり入った豪華なジェルネイルです。マグネットでラメの動きを調節すれば、手の動きに合わせてラメがきらめき、より魅力がアップするでしょう。

ムラになりにくいマグネットジェルは、デザインネイルが苦手な方でも挑戦しやすいのが特徴。細かなネイルパーツを使わず、手軽にワンランク上のおしゃれを楽しめます。

春におすすめのベージュネイルのデザイン【6】ベージュ×ブラウンで大人可愛く

春はパステルカラーなどの明るい色が流行るイメージですが、ブラウン系の落ち着いたカラーを選ぶと大人っぽさがぐっと増します。ベージュ×ブラウンのネイルは派手すぎず、どんなメイクやファッションにも合わせやすいでしょう。

さらに個性を取り入れたい方は、ミラーネイルのデザインを取り入れるのもおすすめです。
 

RMK ネイルラッカー 20 ベイクドチョコレート

まるでスイーツのような甘いカラーに、思わずうっとりしてしまいそうなネイルポリッシュです。長時間ツヤツヤの仕上がりが楽しめるため、シンプルに塗るだけでなくべっこうデザインや大理石デザインに応用しても素敵ですね。

同じRMKのベージュネイルと組み合わせると、よりまとまりのある印象に仕上がります。

 

ageha Gel ミラーパウダー M-12 ブラウンメタル

パウダーを塗布するだけで、鏡のように艶めくネイルが完成するミラーパウダー。中でもブラウンメタルは、骨董品のように繊細で重厚感のあるネイルになります。

ミラーパウダーはベースとなるカラーによって大きく印象を変えるのも特徴の一つ。淡いベージュの上にのせれば、シックな印象に変化する様子を楽しめます。

春におすすめのベージュネイルのデザイン【7】ベージュ×ピンクで桜ネイル

春を代表する花といえば、やはり桜をイメージする方が多いですよね。ベージュネイルにも桜のデザインを取り入れ、季節感をアップさせましょう。

ベージュとピンクをランダムに塗り、その上から桜の花びらをイメージしたパーツを付けたこちらのデザイン。控えめながらも春らしさを感じられるため、手元を見るたびに気持ちが高まりそうですね。
 

ディオール ヴェルニ 268 リュバン

棚に並べておくだけでキュンとしてしまう、ディオールのネイルポリッシュです。ひと塗りで完成する発色の良さと、塗ったばかりのようなツヤ感が手元を華やかに見せてくれるでしょう。

268番「リュバン」は、満開の桜を眺めているような淡いピンクカラー。可愛らしさを存分に引き出してくれる、春にピッタリのカラーといえますね。

 

MATIERE スライスシェル アイボリー

使いたい大きさに砕いてから使う、薄く繊細なスライスシェルです。真っ白ではなく黄みがかったアイボリーのため、ベージュとのなじみやすさが抜群!角度によってさまざまな色に見えるシェル素材は、春の風景にマッチしやすいでしょう。

ただし、シェルやデザインパーツを取り入れたネイルデザインは、丈夫なクリアジェルでしっかり覆わなければなりません。繊細な作業となるため、使いやすいピンセットや筆を用意するのもお忘れなく。

春は定番のフレンチネイルを楽しもう

 

この投稿をInstagramで見る

 

chitaro(@chitaro315)がシェアした投稿 -

季節の変わり目は、服やメイクだけでなく、ネイルデザインも衣替えしたくなりますよね。
特に春は、軽やかさや優しさ、明るさが伝わるネイルデザインにしたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。

春ネイルにもいろいろありますが、やっぱり人気なのがフレンチネイルです。
トレンドに左右されることなく、おしゃれに決まるフレンチネイルは、デザイン次第でオフィスにもOKな指先を楽しむことができます。

そこで今回は、フレンチネイルの中でも特にこの春真似したいおしゃれなデザインをご紹介しますよ。
春ネイルに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【1】定番の白フレンチネイル

フレンチネイルの定番デザインといえば、ホワイトカラーを爪の先端部分に塗ったデザインではないでしょうか。
シンプルで王道のフレンチネイルなので、オフィスにもOK。

爽やかさを出したい春にもぴったりですし、初挑戦の女性にもおすすめです。
ホワイトカラーでラインを入れるだけより、ベージュやピンクベージュと組み合わせるのもいいですよ。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【2】ゴールドラメで華やかに

春は気分が明るくなるようなネイルデザインも楽しみたくなりますよね。
そんなときは、ラメを使ったフレンチネイルにトライしてみてください。

ちゅるんとしたネイルカラーをベースにしたら、繊細なラメで爪の先端を塗るだけです。
フレンチラインの幅を狭くすれば、さりげない華やかさをキープすることができるので、きちんとしたシーンでも取り入れやすいですよ。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【3】お花のフレンチネイルでフェミニンに

春といえば、フェミニンなフラワーネイルのデザインも人気になる季節。
フレンチネイルでもお花を取り入れたデザインが人気ですが、周りに差をつけるならそのお花でフレンチネイルを作ってみましょう!

お花を爪先端に集めるように配置し、下に空白を作るだけです。
手書きでもシールでもいいですし、丸いホログラムを組み合わせるのもおすすめですよ。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【4】くすみピンクで大人可愛く

春は秋冬に続いてくすみ感のある色が大人気になる予感!
ピンクもくすみ感があるだけで、落ち着いた雰囲気になり、大人っぽい指先になります。

そのくすみピンクを使ったフレンチネイルなら、大人っぽさも可愛らしさも上品さも欲張ることができますよ。
斜めフレンチやダブルフレンチなど、変形フレンチネイルにトライするのも◎。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【5】フレンチカラーを変える

シンプルなフレンチネイルには飽きた……という女性であれば、フレンチ部分のネイルカラーを爪ごとに変えてみてはいかがでしょうか。

黒や白、グレーなど、色に変化を出すだけで、何度でも見たくなる指先を作ることができます。
できるだけネイル全体をベーシックカラーでまとめるといいですよ。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【6】個性的に決まるミラーフレンチ

個性的なフレンチネイルを楽しみたいなら、やっぱりミラーフレンチで決まり!
春でも個性あふれる指先にすることができますし、ラメとは違う輝きを楽しめるのが魅力。

春コーデのアクセント役にもなってくれそうですし、ちょっとしたパーティーシーンにもおすすめです。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【7】ニュアンスネイル風フレンチ

色々なフレンチネイルがある中で、今年トレンドなのがニュアンス風フレンチです。フレンチの特有のライン使いがぼやけていて、さまざまなカラーがマーブルっぽく使われているのが特徴です。

ピンクのニュアンス風フレンチは、少し黄色味がかったカラーも混色され、なんとも言えないきれいなカラーリングになっています。型にはまらないデザインとカラーリングで、お洒落なインスタグラマー達の間でも人気がでているそうですよ。

春におすすめのフレンチネイルデザイン【8】変形フレンチ

フレンチネイルと言えば、直線のラインが印象的ですが、最近は変形型のフレンチも流行っています。変形フレンチとは、フレンチ部分を太くしたり、曲線のラインにしたり、フレンチの枠に縛られないで、自由な発想で描く変形型のフレンチネイルのことです。

変形フレンチには、丸、四角、ハート、三日月などのさまざまなバリエーションがあります。自分のファッションに合わせて、好みの変形フレンチを楽しんでください。

フレンチネイルならセルフネイルでもチャレンジしやすい

ネイルはしたいけど、ネイルサロンはお金もかかるし毎月行くのが面倒という人には、セルフネイルにチャレンジしてみましょう。単色はもちろん、フレンチネイルなら初心者の方でも塗りやすく、おすすめです。では具体的にどうやって塗るのでしょうか。
今回は人気のジェルネイルを使った、王道のシンプルなフレンチデザインを作る方法をご紹介します。

 

■用意するもの

・アンギュラー筆

アンギュラー筆とは、毛先が斜めにカットされたフレンチネイル専用の筆のことです。商品によって、斜めの角度はさまざまなので、フレンチネイルの好みのカーブに合わせてブラシを選びましょう。

・修正用の筆

フレンチデザインをする時は、ジェルのついていないキレイな修正用の筆を用意しましょう。毛先が平坦なものであれば大丈夫です。

・ベースジェル/トップジェル

ジェルネイル専用のベースジェルと、仕上げ用のトップジェルを用意します。

・ベージュピンクのカラージェル

やさしいベージュピンクのカラージェルを選びましょう。濃いカラーをベースにすると、フレンチの発色がぼやけてしまうので、ベースカラーはなるべく薄めのものをおすすめします。

・ホワイトカラージェル

発色の良いマットなタイプのホワイトカラージェルがおすすめです。青みの強いタイプのホワイトカラージェルは、よりフレンチのラインの境目がはっきりし、くっきりとした印象に仕上がります。

・エタノール

エタノールはジェルを修正する時に使います。ノンアセトンの除光液でも代用可能です。

■ジェルネイルを使ったフレンチネイルの描き方

①ベースジェルを爪全体に塗る

ベースジェルを薄く爪全体に塗り、ジェルネイル用ライトを照射します。爪の生え際から1mmほど離して塗るのがポイントです。

②ベージュピンクのカラージェルを塗る

カラージェルを薄く塗り、ジェルネイル用ライトを照射します。好みの仕上がりのイメージによって、2度塗りしても問題ありません。塗り終えたらジェルネイル用ライトで固めます。

③ホワイトのカラージェルで端からラインを描き始める

先端にホワイトカラージェルを少量取り、アンギュラー筆の尖った方の筆先を合わせて、爪の端から少しずつラインを描いていきます。
筆の先端を爪の際にぴったりと合わせて、そのまま爪先へと真っ直ぐ筆を動かします。端が塗り終えたら、少しずつ筆の位置を中央に移動させ、先ほどと同様に、爪先へとまっすぐ筆を動かしラインを描きます。

④反対側の端からも同様にラインを描く

中央付近まで塗り終えたら、筆先をひっくり返して反対側から同様におこないます。ホワイトカラージェルを少し付け足して、左右のラインのスタート地点が同じになるように、バランスを見ながらフレンチを描きましょう。

⑤フレンチのラインを整える

フレンチを一通り塗り終えたら、フレンチのカーブが角ばっている部分など、丁寧に整えます。

フレンチがはみ出してしまった場合は、ジェルを硬化させる前に、はみ出したジェルを修正用のきれいな筆で拭き取りましょう。少量のエタノールを付けた筆で、カーブの内側からブラシを当て、ラインの歪みを拭き取るように整えます。
ブラシに付着したジェルは都度キッチンぺ―パーなどで拭き取り、常に汚れのないキレイな状態で修正するようにしましょう。フレンチネイルのラインが整ったら、ジェルネイル用ライトを再度照射します。

⑥トップジェルを塗る

最後にトップジェルを塗り、再度ジェルネイル用ライトを照射して完成です。