骨盤が広い女子のスカートの悩みとは?

プリーツスカートを履いた女性

コーディネートを組む際に、着太りしてしまわないように一番気をつけたいアイテムがボトムス。特にスカートは腰回りが余計に広がって見えてしまうと、似合うアイテムを選ぶことを難しいと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

骨盤が広い女性は、お尻が大きく見えてしまいます。お尻が大きいとアイテムによっては着太りして見えてしまうため、なるべく体型に合っているものを着用することをおすすめします。

お尻が大きいことをコンプレックスに感じてしまっている方もいるかもしれません。しかし、骨盤が広くお尻が大きいのは女性らしい体型とも言え、とっても魅力的でもあります。

骨盤が広いのを治す!と骨盤矯正をしても、なかなか即効性のあるものはありません。体型を活かしたファッションを楽しんで魅力をUPさせて、自信をつけるのもひとつの解決策でしょう。

骨盤が広い女子のスカート選びのポイント

では、骨盤が広い女子は、どういったポイントに注目してスカート選びをするとよいのでしょうか。

シルエットを拾いすぎないもの

まずは、シルエットを拾いすぎないものを選ぶことです。腰回りとウエストとのメリハリを上手に生かしてスタイルをよく見せることは大切ですが、シルエットを広いすぎると腰のボリュームを強調してしまうことになるので注意しましょう。

腰から広がらないもの

シルエットを拾いすぎないことも大切ですが、腰回りをカバーしようとボリューム感があるものを選ぶのも避けた方がベター。腰からふわっと広がるシルエットのスカートを選ぶと、下半身の重量感が増してしまいます。

腰をカバーしつつストンと落ちるようなシルエットのものを選びましょう。

骨盤の広さを生かせるもの

骨盤の広さを生かせるスカートをあえて選ぶのもひとつの手です。台形ミニやタイトスカートは、骨盤が広い女子の方が上手に履きこなせるといわれています。

骨盤が広い女子に似合うスカートとコーデは?

赤いスカートを履いた女性

「骨盤が広いとスカートが似合わない…」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?
でもボディラインに合うものを選べば、スタイルをよく見せることも可能です!
早速骨盤が広い女性に似合うスカートと、コーディネートを見ていきましょう。

1:タイトスカート

タイトスカート

骨盤が広い場合、同時にお尻が大きめという方が多いです。本人とすればお尻の大きさは気になるものですが、客観的に見るとお尻が大きいと女性らしい雰囲気になるため、魅力でもあります。

エレガントなイメージのタイトスカートは、そんな大きめなお尻の女性にぴったりのアイテム。ウエスト位置が高めのタイトスカートを選べば腰やお尻の大きさとのギャップでウエストが華奢に見え、女性っぽさがグッと上がります。

ウエスト周りにポイントがあるものであれば、さらにウエストに視線を上げることもできるため、脚長効果も期待できます。

2:プリーツスカート

プリーツスカート

生地を寄せて作るギャザーとプリーツは似ています。しかし、骨盤が広いことを気にしているようであれば、断然プリーツがおすすめ。腰で膨らまないため、骨盤の広さを強調せずに着られます。

特に、ウエストにベルト芯がありプリーツの始まりの部分が縫われて「タック」のようになったものは広がりにくいため、骨盤が広くて悩んでいる方でも取り入れやすいです。

3:台形ミニスカート

台形ミニ

台形のミニスカートも骨盤が広い女性におすすめのアイテムです。広めの骨盤を活かしてくれるので、ワンランク上のコーデを楽しめるでしょう。

ミニスカートではありますが、台形なので露出は少なめ。普段ミニを着ない人でも挑戦しやすいのではないでしょうか。

台形のミニスカートと相性がいいのはオーバーサイズのもの。オーバーサイズのトップスやコートと合わせれば、重心が上にいくのでスッキリして見えますよ。

4:伸びない素材

デニムスカート

ニットやスエットのような、ストレッチが強く効いたフィット感のある素材のスカートだと、腰張りが目立ってしまうため、骨盤が広い方のスタイルアップには向いていません。

骨盤が広いのを気にしている方がスカートを選ぶ際には、チノやデニムなどのカジュアルでハリのある素材、もしくはサテンのように落ち感がありノンストレッチの素材を選んでみましょう。ストレッチの効いていない素材のスカートは腰が目立ち過ぎないため、骨盤が広がっている人も履きやすいはず。

5:ベルト付きスカート

ベルト付きスカート

骨盤が広いのを目立たせないために効果が期待できるのが、ウエストを強調するベルトです。

トップスをスカートから出してしまうと、余計に腰が目立ってしまいます。なるべくトップスはインした方が今っぽくスタイルアップをしながら、コンプレックスの骨盤の広さもカバーできますよ。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ1:羽織りものを使う

カーディガン

腰の張りを目立たせないために有効な着こなしの1つが羽織りものを取り入れたコーディネート。

丈感の長いものを着用すれば、腰周りを隠すだけでなく、前を開けて「Iライン」を見せることでスッキリ感スタイルアップも狙えるコーディネートになります。「Iライン」を見せるのであれば、合わせるスカートは短いものより、ある程度長さのあるものがおすすめ。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ2:小物使いでスッキリ見せる

ショルダーバッグ

ショルダーバッグやアクセサリーなどの小物は、使い方次第では腰を目立たせないコーディネートを叶えられます。

帽子などの小物をプラスすることで、気になる腰から視線を上げ、スタイルアップ効果もゲット。スカートはそれほど広がりのないものを選ぶのがおすすめです。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ3:柄選びで横幅をカモフラージュ

花柄スカート

骨盤が広い方は横幅を感じさせるような柄は避けるのが鉄則!特にボーダーは横のラインを強調してしまうため、腰幅を目立たせてしまうので注意が必要。

小花柄、ボタニカル柄、ストライプのような横幅をカモフラージュさせられる柄をチョイスするのがおすすめです。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ4:濃い色のスカートが◎

ブラックのスカート

スカートを使ったコーディネートで、骨盤が広い人におすすめなのが「スカートが濃い色でトップスが薄い・淡い色」という色合わせです。

反対のボトムが薄いベージュでトップスが黒という着こなしのような、ボトムに膨張色を持ってきてしまうと腰幅の広さが目立ってしまう可能性があります。

トップルに黒やブラウンのようなダークカラーを持ってきたいのであれば、スカートに濃いめのキャメルやネイビーなど濃い色のスカートにするとスッキリ見せることができます。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ5:ラップスカートで縦のラインを強調して

ラップスカート

白やベージュなどの膨張して見えてしまうカラーは、骨盤の広さを強調してしまうもの。しかし、そのようなライトカラーのスカートを履きたい場合もありますよね。

そんなときは、ラップスカートがおすすめです。生地の重ね目で縦のラインがあるので、視覚効果でほっそり見せることができますよ。

他のアイテムは濃い色を使ってメリハリを付けたり、足元に差し色を持ってきて視線を腰からずらしたりすると、骨盤の広さがより目立ちにくくなります。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ6:フロントボタンでカモフラージュ

フロントボタンスカート

トレンドのフロントボタンスカート。中央にアクセントがあるので、腰周りから視線を逸らすことができます。また、ボタンが縦に並んでいるのも、「Iライン」が強調できるのですっきり見えるのもポイント。

生地に厚みのあるコーデュロイは、腰にボリュームがあっても広がりにくいので、今季たくさん出ているコーデュロイのフロントボタンスカートは骨盤が広くて悩んでいる方の味方です。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ7:スリット入りのタイトスカートで大人っぽく

スリット入りスカート

女性らしさが際立つタイトスカート。骨盤が広い、というのは女性らしいスタイルであるということでもあります。タイトスカートを取り入れると骨盤の広さを隠すのではなく活かすことができるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

スリット入りのものを選べば、より大人の女性の魅力が引き立ちますよ。女性らしさをとことん楽しめるアイテムです。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ8:アコーディオンプリーツはボリュームトップスで広がりを抑えて

アコーディオンプリーツスカート

プリーツの幅が狭いアコーディオンプリーツは、骨盤が広いとプリーツが広がりやすいのが難点。しかし、トレンドのボリュームトップスを合わせれば、トップスの重みでプリーツが広がるのを抑えることができます。トップスの前だけを少しインすると、こなれ感が出る上に腰周りも自然にカバーできます。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ9:トレンドのチェック柄は柄小さめ&引き締めカラーで攻略

チェックスカート

柄によっては骨盤の広さが目立ってしまうチェック柄。しかし、流行りの韓国風なコーディネートをしたり、トレンド感のあるファッションを楽しんだりするためにも、積極的に取り入れたい柄のひとつでもあります。

そこで、チェック柄スカートに挑戦したい場合は、視覚的に膨張して見えにくくなる小さめのチェックを選ぶようにしましょう。さらに引き締め効果のあるダークカラーを選べば、腰周りもすっきり見えます。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ10:ベルトでウエストマークしてスタイルアップ

ベルト付きスカート

柔らかなシフォンは腰のボリュームで広がりやすい素材。しかし、ロング丈のトップスを合わせれば骨盤の広さをカバーしながらコーディネートすることができます。

しかし、すとんとしたシルエットのトップスだとのっぺりと寸胴に見えてしまうことも。そんなときは、細ベルトでウエストマークをすると、メリハリが付いてスタイルアップ効果が期待できます。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ11:ボディバッグで視線を散らして

ボディバッグ

小物を使って目線を腰回りから逸らす方法もひとつです。そこで使えるのがボディバッグ。コーディネートのアクセントになるとともに、骨盤あたりを上手にカバーしてくれるでしょう。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ12:華やかカラーのスカートを主役に

華やかカラーのスカート

華やかカラーかつ腰回りを上手にカバーしてくれるスカートを主役にコーディネート全体をまとめることで、明るくかわいらしい雰囲気を作れます。スカートは落ち感のある素材で長め丈をチョイスし、Iラインを作りましょう。

骨盤が広い人に合うスカートコーデ13:ロング丈アウターを合わせれば完璧

ロングアウター

ロング丈のアウターを羽織ることで、気になる腰回りをカバーできるだけではなく、トレンド感を演出できます。スカートも広がりのないものをチョイスし、ストンとしたシルエットを作るのがポイントです。

骨盤が広い女子的NGなスカート

骨盤が広い体型の方が着てしまうと、必要以上に腰が張って見えてしまうため、避けたいスカートの特徴にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

・ウエストの位置が低め
・ギャザースカート
・チュールスカート
・脇にシームポケットがある

骨盤が広い体型の方は腰の骨でスカートが広がりがち。そのため、一番広がる腰の部分にデザインのあるスカートを選んでしまうと、余計に骨盤周りが膨らんで見えてしまいます。

履くとふんわり広がるチュール素材のスカートも、必要以上に大きく膨らんでしまうため、骨盤の広い方はコーディネートしづらいと感じてしまうことがあるかもしれません。

また、脇に付いているシームポケット以外にもワイドのスラッシュポケットは素材によっては広がって見えがち。骨盤が広い方がコーディネートで取り入れる際には注意が必要になるかもしれません。

コーディネート次第でコンプレックスも解決

骨盤が広いと、スカートが似合わない…デニムの着こなしが難しい…スキニーなんて無理!などおしゃれに迷うことも多いのではないでしょうか。

しかし、コーディネート次第では骨盤が広くてもおしゃれを楽しむことはできます。なるべく骨盤の広さの目立たない素材や形のアイテムを選んだり、逆に腰の張りを強調した女性らしいコーディネートに挑戦したりしてみましょう。自分にぴったりのコーディネートで、スカートを使ったおしゃれにトライしましょう。

スカートの下にインナー(ペチコート)を履く3つのメリットは?

花を持った女性

スカートの下に履くインナーであるペチコート。ペチコートを履くことによって得られる3つのメリットを紹介していきます。

1.下着が透けることを防ぐ

スカートの下にインナーを履くことの最大のメリットが、下着が透けてしまうのを防ぐことです。白いスカートや薄い素材のボトムスは下着のシルエットや色味が透けてしまうことが。そんな透けてしまう下着をインナーを着用し一枚挟むことで、目立ちにくくしてくれます。

2.汗や静電気から守ってくれる

ペチコートには吸汗素材のものや、静電気を防止してくれるものなど、様々な種類があります。吸汗素材のものを履けば汗の嫌なベタつきを感じつことなくスカートが履けますし、静電気防止のものであれば、冬は静電気に悩まされることなくスカートの下にインナーが履けるでしょう。悩みに応じて機能にこだわってみることをおすすめします。

3.見えないおしゃれを楽しめる

下着と同様、ペチコートは見えないおしゃれを楽しめるポイントのひとつ。機能性を重視するのもいいですが、最近ではレースやチュール素材のかわいらしいデザインのものが増えてきています。気に入ったデザインのものを選んで、気分を上げてみるのもおすすめです。

スカートの下に履くインナー(ペチコート)を選ぶ3つのポイント

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ???????????????????? (@maiko__22) on

スカートの下に履くインナーを選ぶ際、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。せっかくペチコートを購入しても、合わせるスカートとの相性がよくなければ、見栄えが悪くなってしまったり、はき心地がよくなかったりしてしまいます。スマートにインナーを履くためには、適切なペチコート選びが重要になります。

1.使い勝手の良さに合わせた種類を選ぶ

インナーは大きく分けるとスカートタイプ、パンツタイプ、キュロットタイプがあります。履いたときの歩きやすさや、併せるスカートをチェックしながら自分に合うものを選んでみてください。

■スカート型
ペチコートとは、元々ドレスの下に履くためのインナーです。そのため、基本的なスタイルなのが、スカート型。スーツスタイルにはもちろん、カジュアルなファッションにも合わせられるため、1枚持っていると便利。丈の長いものではなく、膝上くらいのものが使い勝手が良いでしょう。

■パンツ型
パンツ型のペチコートは、パンツにもスカートにもインナーとして使えるので、とても万能。スカートだけでなく、パンツスタイルも素材によってはインナーを履かないと透けてしまうことも。インナーに困った際にはパンツ型のペチコートを着用してみてはいかがでしょうか。

■キュロット型
ワイドパンツを履いたときに、布が脚にまとわりついてしまって動きづらい…と感じた経験をしたことある方は多いのではないでしょうか。そんなときはキュロット型のインナーがおすすめ。布が脚にまとわりついて来るのを防ぎ、動きやすくなるはずです。長さは着用するパンツの長さに合わせると着心地が良いですよ。

2.スカートの丈より−5cm丈のインナーを選ぶ

ペチコートを選ぶ際、スカート丈と同じ長さだと、座ったときやスカートがずれてしまったときに、インナーが見えてしまう可能性があります。

短い分にはいいのですが、あまりにも短いものを選んでしまうのもおすすめしません。風でめくれてしまったときに下着が見えてしまう可能性があります。なるべくスカートの−5cmほどのものを選ぶのが良いでしょう。

3.求める効果に合わせて選ぶ

自分が求める機能の備わっているインナーを選ぶようにしましょう。ペチコートと一口に言っても、様々な機能のものがあります。

■機能性
夏は汗をかきやすいため、速乾性に優れているインナーがおすすめ。汗を吸収してしまってインナーがベタついては不愉快ですよね。冬は制電性の高い素材を使っているタイプのインナーを使用すれば、乾燥による静電気が起きてしまう恐れもありません。

座り仕事や人前に立つ機会が多い方は、補正機能の付いているインナーがおすすめ。履くだけで骨盤の歪みを整えてくれたり、シェイプアップして見えるので、気を引き締められますよ。

■カラー
また、色選びについてですが、基本的にはスカートと同系色のものがおすすめ。少し見えてしまうようなことがあっても、同系色のインナーであれば、違和感ないですよね。白いスカートが透けてしまうのを防ぐためには、同じ色の白よりもベージュが効果的です。

スカートの下に履くおすすめインナー11選

スカートやパンツの下にインナーを履きたい、でも何を選べばいいのかわからない!そんな方のために、おすすめのペチコートを11個紹介していきます。自分のファッションスタイルに合わせたものを選んでみてください。

1.Felice 透けないペチコート

Felice 透けないペチコート

最初におすすめするインナーは、Feliceの透けないペチコート。透けず、かつ丈が選べるペチコートです。35cm、40cm、45cm、50cm、55cm、60cmと丈のバリエーションが豊富なので、スカート丈はもちろん、身長に合わせてぴったりなものをチョイスできます。

吸汗・速乾性も備えており、汗でベタついてしまうことなく快適に履けるのでおすすめ。静電気防止機能つきのペチコートなので、夏だけではなく冬でも使いやすさ抜群です。1枚あれば1年中活躍すること間違いなしです。

2.サブローザ ペチパンツ

サブローザ ペチパンツ

続いておすすめするのは、同じく丈が選べるキュロットタイプのペチコートです。スカートよりも安定感を、かつパンツよりもストレスフリーな着心地を求めている女性におすすめで、快適な履き心地を叶えてくれます。

ミモレ丈やロング丈のスカートを履くときにも快適で、吸汗、速乾性、静電気防止といったインナーに欲しい機能も備えている優れものです。

3.グンゼ ペチコート

グンゼ ペチコート

グンゼのペチコートは、透けにくさはもちろんのこと、軽くてスッキリとしたきれいなシルエットが魅力です。

また、身体のラインをきれいに見せてくれるだけではなく、抜群の吸放湿性能で着心地も快適。裾のフラットな切りっぱなし仕様がおしゃれです。

4.サブローザ スリップ ペチコート

サブローザ スリップ ペチコート

サブローザ スリップ ペチコートはワンピース型のインナー。キャミソールとペチコートを別々で選ぶ必要がないので、毎日のコーディネートの時短が叶います。

シンプルで使いやすいデザインなので、どんなコーディネートとも相性抜群。吸汗速乾で快適な着心地も魅力です。

5.ATSUGI ペチパンツ NUDE Make

ATSUGI ペチパンツ NUDE Make

ATSUGI ペチパンツ NUDE Makeは、その上に着る洋服をより快適に着こなすためのインナー。肌離れがよく、さらっとした着心地が特徴なので、汗でベタついてしまう季節も快適に使用できます。

また、透けにくい仕様に作られているので、薄手のボトムスの下に履いても安心です。

6.ベイブスター ペチパンツ

ベイブスター ペチパンツ

ベイブスターのペチパンツは、キュートなだけではなく使い勝手もいいアイテム。フリルが段になって重なっているので、インナーとは思えないラブリーさが人気の秘訣です。

見た目のかわいらしさだけでなく、フリルにボリューム感があるので、すとんとしてしまいがちな柔らかい素材のスカートの下に合わせれば、ふんわり感を活かすことも期待できます。下着のラインをしっかり隠してくれるので、ラインを響かせたくないインナーにぴったりです。

7.Liapom ペチパンツ

Liapom ペチパンツ

Liapomのペチパンツは丈が短めなので、ミニスカートが多い方におすすめのインナーです。裾がレース生地になっておりとにかく見た目がかわいいので、見えないインナーにも気を使いたいおしゃれさんにぜひGETしてもらいたいアイテム。

フレアに広がった形状をしており、密着感がありすぎずラインに響きにくい、絶妙な加減を叶えてくれています。

履きやすいさらりとした生地で、伸縮性に優れているところも魅力。お好みのペチコートでおしゃれを楽しんじゃいましょう。

8.huggeHULA ペチコート

huggeHULA ペチコート

ペチコートの多くはスリットがないため、少し歩きづらいかもと感じる方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、サイドスリットの入っているhuggeHULAのペチコートです。

サイドに大胆なスリットが入っているため、動きやすさは抜群!なのに前と後ろにはスリットは入っていないので、スカートがめくれてしまっても安心です。外で歩くことが多い方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

9.JACONNE ペチパンツ

JACONNE ペチパンツ

JACCONEのペチパンツはパンツタイプのインナーです。ロング丈のスカートやパンツのインナーとして活躍すること間違いなし。パンツスタイルが多く、スカートを履いたときのスカスカ感が気になる方は、ぜひパンツ型のインナーを試してみてください。

ピンク、ベージュ、ブラックの3色展開なので、自分のファッションに合ったカラーが選べます。

10.ブブオーハナ インナーパンツ 1分丈2枚セット

ブブオーハナ インナーパンツ 1分丈2枚セット

ミニスカートを履くときや、パンツのヒップラインが気になるときなどに便利なのが、タイトなシルエットのインナーパンツ。ブブオーハナのインナーパンツは、インナーとしてはもちろん、スポーツシーンでも活躍してくれるので1枚持っておくと使えます。

汗をかいても蒸れにくい素材なので、夏場でも安心して履けるでしょう。

11. 神戸レタス ぺチショートパンツ

神戸レタス ぺチショートパンツ

神戸レタスのペチショートパンツは、ほどよいゆとり感でフィットしすぎずボトムスのラインを崩さないインナーです。

さらりとした肌触りが特徴で、柔らかく肌に馴染みやすいところがポイント。ベーシックなカラー展開なので、インナーとして使いやすいでしょう。