初心者必見!ジムに通うために必要な服装

ジムでのランニング

ダイエットや健康のことを考えてジムを契約し「いざ行こう」と決めたとき、まず考えるのは何を持っていくべきかということではないでしょうか。

ジムに通うには、運動できる格好を揃える必要があります。通気性が高く、吸湿速乾性に優れたトレーニングウェアを揃えましょう。

早速、ジムへ向かうために必要なアイテムをまとめてご紹介していきます。

トップス

まずはトップス。ジムで運動をすると、身体を動かした分だけ汗をかきます。運動用のトップスを持たずに行ってしまうと、終わってから着替えるものがなく、急激に身体が冷えてしまいます。

また、普段着はジムにあるような器具を使った運動を想定されて作られていません。そのため無理して動かすと破れたり裂けたりする可能性があります。面倒だからと普段着のまま運動することは避けましょう。

トップスは、Tシャツかタンクトップが主流。また、普通の下着で運動するのが気になる方は、スポーツブラもあわせて準備しておくと安心です。

ボトムス

トップスを揃えたらボトムス選びをしましょう。

室内のジムは心地よい気温に整えられているものの、運動をすればすぐに暑さを感じます。そのため、ジムウェアのボトムスはハーフパンツやショートパンツが主流。女性の場合はレギンスを着用している人もいます。

足を出すのに抵抗がある場合は、レギンスとショートパンツとを重ね着するのもおすすめです。

シューズ

フィットネスシューズ

運動するうえでとても大切になるのがシューズです。

シューズを選ぶときは、ジムでどのような運動をメインで行いたいかを考えるといいでしょう。ランニングなのか、ウォーキングなのか、マシン利用が中心なのかによってもシューズに必要な機能が異なります。

スポーツ用のシューズは、機能性だけではなくデザインもさまざまなので、一度取り扱い店舗で試着をしてみるのもひとつの方法といえるでしょう。

靴下

シューズと一緒に靴下も揃えましょう。

靴下は普段用でいいのではないかと思いがちですが、スポーツ用の靴下を買っておいた方が安心。というのも、スポーツ用の靴下は普段用のものとは違い、破れにくく熱がこもりにくい仕様になっているのです。

「運動をして汗をかいたときに足が蒸れてしまうのが気になる」という方は特に、スポーツ用靴下も準備しておくといいでしょう。

コンプレッションウェア

タオルとミネラルウォーター

もちろんTシャツとショートパンツなどの組み合わせでトレーニングをするのもOKですが、コンプレッションウェアを揃えられるとなおよしです。

コンプレッションウェアとは、体の各部位に圧力をかけることで、筋肉の動きを効率的にサポートしてくれるウェアのこと。体幹をサポートしてくれる矯正ウェアや、テーピングのようにケガ予防のためのサポートウェアなど、その種類はさまざまです。

運動効率の向上をより目指すのであれば、全身に圧力を加えてくれるコンプレッションウェアを着てトレーニングを行うといいでしょう。

ぜひ、自分の状態に合ったコンプレッションウェアを探してみてくださいね。

ジムで着る服装の選び方

ジムでのエクササイズ

では、ジムで着る服装はどのように選ぶといいのでしょうか。ジムで着る服装を選ぶ3つのポイントを紹介します。

選び方①|機能性

ジムでの服装は、自分に似合うかも大切ですが、まずは動きやすさなどの機能性を優先して選ぶようにしましょう。

汗をしっかり吸ってくれるか、乾きやすいか、思い切り身体を動かしても支障が出ないかなどをチェックして選ぶことをおすすめします。

素材がかたく動きにくいものを選んでしまうと、擦れて痛くなってしまったり、動いた衝撃で破れてしまったりする可能性があります。心地よく運動を続けるためにも、伸縮性を重視してウェア選びをしましょう。

また、汗を吸収しない素材は運動後の体温低下の原因になりかねません。健康のために身体を動かしているのに、ウェアのせいで体調を崩してしまっては元も子もありませんよね。通気性が高く、吸湿速乾性に優れた素材のものを選ぶようにしてください。

選び方②|サイズ感

運動するときの洋服は、サイズ感も重要です。自分に合っていないサイズのウェアを着ていると、思わぬところに支障が出ます。

サイズが小さいと、身体を思い切り動かせずに運動の効果を最大限に得られません。逆にサイズが大きいと、マシンに挟まったり気になって運動しにくくなったりします。

運動の効果を最大限に感じるためにも、自分の身体のサイズにぴったり合うものを選ぶようにしましょう。

選び方③|ファッション性

機能性とサイズ感を満たしたうえで、ファッション性を考えるのがおすすめです。

お気に入りのジムウェアを着ることで、より運動をがんばれるはず。目に入るところに気分があがるものを置いておくと、気持ちが高まりますよね。

モチベーション高く運動を続けるためにも、機能性とサイズ感という2つの条件を満たした中で、自分に似合うウェアを探して手に入れましょう。

ジムで着る服装のおすすめブランド

ジムの持ち物

続いて、ジムで着る服装のおすすめブランドを紹介します。どれも豊富にウェアが揃っているブランドなので、お気に入りの1枚が見つかるでしょう。

ブランド①|adidas

adidasは、スポーツウェアから普段使えるカジュアルウェアまで幅広く扱っているブランド。トップスやボトムスはもちろん、シューズやアンダーウェアまで揃っているので、自分に合うウェアやシューズを見つけやすいでしょう。

また、ファッション性も高く、おしゃれに着こなせるジムウェアが多くあるのが特徴です。

ブランド②|NIKE

NIKEもadidasと同じく世界的に有名かつ人気のあるスポーツウェアブランドです。ファッション性が高く、インパクトのある色鮮やかなスニーカーなどを多く扱っていることが特徴といえます。

ブランド③|アンダーアーマー

機能性をとことん求めたい方におすすめなのが、アンダーアーマーです。

「運動中にも快適なウェアを」という思いから生まれたブランドで、コンプレッションウェアを多く取り扱っています。コンプレッションという概念を初めて取り入れたのが、このアンダーアーマーであるといわれています。

ジムで着るおすすめの服装|トップス

続いて、ジムで着るおすすめの服装をジャンル別に分けてご紹介します。まずはトップスからです。

adidas スリーストライプス Tシャツ

adidas スリーストライプス Tシャツ

adidasのスリーストライプス Tシャツは、タイトすぎず緩すぎないほどよいフィット感で運動の邪魔をしないトップスです。

コットン100%でできているので、肌触りのよさが魅力。胸にあるワンポイントのロゴと、肩から袖にかけて入っているadidasらしい三本線がおしゃれさを演出します。

adidas マストハブ フレンチスリーブ 半袖Tシャツ

adidas マストハブ フレンチスリーブ 半袖Tシャツ

同じくadidasからおすすめなのが、フレンチスリーブの半袖Tシャツ。吸湿性に優れており、ワークアウトの後も着心地のよさが続きます。リラックスフィットなので、身体のラインや針付きを気にせずに運動に集中できるでしょう。

NIKE ドライレジェンド Tシャツ

NIKE ドライレジェンド Tシャツ

NIKEのドライレジェンド Tシャツは、通気性と速乾性に優れた軽量素材を採用しているトップス。機能性が高く、運動している最中も運動後も爽やかな着心地が続きます。

ジムで着るおすすめの服装|ボトムス

続いて、ジムで着るおすすめのボトムスをご紹介します。

FILA ラインウッド柄ボトム2点セット

FILA ラインウッド柄ボトム2点セット

FILAのボトムス2点セットは、ショートパンツとレギンスが一緒になっているアイテム。ショートパンツだけでジムに行く勇気がない方におすすめのセットです。ショートパンツは伸縮性に優れており、履きやすく動きやすい作りになっています。

adidas アディカラー 3ストライプ タイツ

adidas アディカラー 3ストライプ タイツ

adidasの伝統的なデザインを継承するレギンスであり、伸縮性に優れた素材を使って作られていることが特徴です。

PUMA コンプレッション トレーニング ロゴ ハイウエスト 7/8 タイツ

PUMA コンプレッション トレーニング ロゴ ハイウエスト 7/8 タイツ

PUMAのトレーニングタイツは、ハイウエスト仕様の運動用ボトムスです。吸水速乾機能に優れているので、トレーニング中もドライな状態をキープしやすいところが魅力。側面に入ったPUMAのロゴがおしゃれです。

ジムで着るおすすめの服装|シューズ

続いて、ジムで使う用のおすすめシューズをご紹介します。自分の用途に合わせて選んでみてくださいね。

NIKE ウィメンズ レボリューション 5

NIKE ウィメンズ レボリューション 5

NIKEのレボリューション 5は、ランニングにぴったりのシューズ。着地の衝撃を和らげる柔らかいフォームクッショニングを採用しており、長時間快適に走り続けられるでしょう。

また、軽量かつ通気性に優れているので、足への負担を軽減できるとともに、夏場でも安心して使えるところが魅力です。

adidas ランニングシューズ ファルコンラン

adidas ランニングシューズ ファルコンラン

adidasのファルコンランもおすすめのランニングシューズ。丈夫で通気性のあるメッシュと合成皮革のアッパーをあしらい、ホールド感を高めるミッドフットケージを備えているところが特徴です。

PUMA SOFTRIDE バイタル FEMME

PUMA SOFTRIDE バイタル FEMME

PUMAのSOFTRIDE バイタルは、軽やかでふわふわな履き心地が特徴のトレーニングシューズ。プーマ独自のクッションインソール「SoftFoam+」を搭載することで高いクッション性を実現しており、快適に使い続けられる一足です。

ジムで着るおすすめの服装|靴下

続いて、ジム用として使用するおすすめの靴下をご紹介します。

adidas クッション アンクル ソックス

adidas クッション アンクル ソックス

adidasのアンクルソックスは、足首のところにロゴが入ったシンプルな靴下です。ブラック・グレー・ホワイトの3足がセットになっているので、ひとつ買っておけばジム用の靴下にしばらく困ることはないでしょう。

Win.Deeper ヨガ ソックス

Win.Deeper ヨガ ソックス

Win.Deeperのヨガソックスは、フィットネスはもちろんのこと、その名の通りヨガやピラティス、ダンスやバレエなどの際にも使いやすい靴下です。

滑り止めが付いているのでしっかりとグリップしてくれることが魅力。むずかしいポーズやしっかり止まらなくてはいけない場面をサポートしてくれます。

NIKE エブリデイ クッション クウォーター ソックス

NIKE エブリデイ クッション クウォーター ソックス

NIKEのソックスは、厚手のテリー素材を使用しているソール部分と、リブ仕様のアートバンドがサポート感ある履き心地を実現しています。

Dri-FITテクノロジーによってワークアウト中やワークアウト後の足の不快感を軽減。サラッと快適な状態をキープしてくれます。

ジムで着るおすすめの服装|コンプレッションウェア

続いて、ジムで着るおすすめのコンプレッションウェアをご紹介します。

アンダーアーマー UAヒートギア コンプレッションウェア ロングスリーブ

アンダーアーマー UAヒートギア コンプレッション ロングスリーブ モック

アンダーアーマーのコンプレッションウェアから、ロングスリーブタイプのトップスをご紹介。身体にぴったりとフィットする素材で、伸縮性・吸汗速乾性を誇るところが特徴です。4方向へ向けてのストレッチが効くので、あらゆる動きをスムーズにこなせるでしょう。

シーダブリューエックス セカンドボディ CHY420

シーダブリューエックス セカンドボディ CHY420

シーダブリューエックスのセカンドボディ CHY420は、身体の部位ごとに適切な着圧を追求しているトップス。適度な着圧で皮膚・脂肪・筋肉の揺れを抑え、不快な着圧感を軽減して動きやすさを実現しています。

アンダーアーマー UAヒートギア コンプレッションウェア レギンス

アンダーアーマー UAヒートギア コンプレッションレギンス

同じくアンダーアーマーのコンプレッションウェアから、レギンスもご紹介します。超軽量のヒートギア素材が重さを感じさせないのにしっかりカバーしてくれるところがポイント。締め付けがよく、しっかりフィットした状態でトレーニングを行えます。

ジムで着る服装コーデ

最後に、ジムで着るおすすめのコーディネートをご紹介します。

肌見せトレーニングスタイル

肌見せトレーニングスタイル

できる限り身体にフィットしたジムウェアでトレーニングをしたい方や、しっかりと鍛えている部位を確認しながらトレーニングをしたい方におすすめなのが、スポーツブラとレギンスのコーディネートです。

Tシャツとレギンスのシンプルスタイル

Tシャツとレギンスのシンプルスタイ

身体にフィットするサイズのTシャツにショートパンツとレギンスを合わせたベーシックスタイル。初心者の方はまずシンプルなコーディネートからスタートするのがおすすめです。

タンクトップとハーフパンツのクールスタイル

タンクトップとハーフパンツのクールスタイル

ハーフパンツもタイトすぎないサイズ感のものであればチャレンジしやすいでしょう。同じ色のタンクトップと合わせてクールなトレーニングスタイルにまとめてはいかがでしょうか。