• App Store
  • Google play

BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL- REPORT

BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL- REPORT

2006年に韓国でデビューを果たし、昨年でデビュー10周年を迎えたモンスターグループBIGBANG。海外アーティストでは、史上初の4年連続ドームツアーも成功させた。

line

先日2016年を締めくくるべく開催された「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」の東京ドーム公演にTOPLOGも潜入。

bigbang1

bigbang2

profile

韓国出身の5人組グループ・BIGBANGは、2006年に韓国でデビュー。その後、2009年に「MY HEAVEN」で日本メジャーデビュー。それ以降、日本でリリースされたすべてのオリジナルシングル・アルバムがオリコンウィークリーチャートTOP10入りを果たし、日本でも不動の人気を誇る、モンスターグループへと成長。今年、メンバーでは初となるT.O.Pの入隊がすでに控えている。

profile

newrelease

BRAND NEW FULL ALBUM
「MADE」
2/15 ON SALE

全世界待望のBIGBANGニューアルバム。DVD/Blu-ray付には、Music Video・MVメイキングなどの特典映像に加え、3年連続ヘッドライナーとして出演した2016年のライブ映像も収録。

livereport

line2

「BIGBANG10 THE CONCERT
0.TO.10 -THE FINAL-」の
東京ドーム公演ライブレポをお届け!

bigbang3

BIGNANGのリーダーG-DRAGONから「0.TO.10へようこそ!」と会場のファンに向けて声をかけ、ライブはスタート。1曲目は、日本でのメジャーデビュー曲『MY HEAVEN』。スカイブルーのメタリックジャケットにデニムという衣装でステージは一層華やかに!

BIGNANGのリーダーG-DRAGONから「0.TO.10へようこそ!」と会場のファンに向けて声をかけ、ライブはスタート。1曲目は、日本でのメジャーデビュー曲『MY HEAVEN』。スカイブルーのメタリックジャケットにデニムという衣装でステージは一層華やかに!

bigbang4

今年、メンバーでは初となる入隊がすでに控えているT.O.P。会場のファンからは、彼への声援もいつも以上に強く感じた。

今年、メンバーでは初となる入隊がすでに控えているTOP。会場のファンからは、彼への声援もいつも以上に強く感じた。

bigbang5

客席はブルーライト一色!彼らのライブの醍醐味は、東京ドームのような規模の大きい会場であろうが、クラブ感覚で踊り楽しめるノリのいい楽曲と、ハイレベルなパフォーマンスにある!またMCタイムは、オール日本語なのも日本のファンにはうれしいポイント!
続く人気シングル曲『BAD BOY』、『LOSER』では、とくにSOLの美声に会場から大きな歓声が沸いたのが印象的だった。

メンバーの仲の良さが伝わるMCタイム。
「歌とダンスが上手なグループとしてデビューしたけど、いつからBIGBANGは踊らなくなった?(笑)。僕らダンスも得意だから、今日は気合いれて踊るよ~!」とG-DRAGON。続くダンスが見せ場の『ガラガラGO!!』が披露されると、会場のテンションは最高潮に。

solestage

bigbang6

バラ柄のジャケットを羽織ったVIは、日本デビューも果たしているソロ曲を披露。女性ダンサーとのセクシーな絡みで、ソロならではのステージで会場を盛り上げた。

バラ柄のジャケットを羽織ったVIは、日本デビューも果たしているソロ曲を披露。女性ダンサーとのセクシーな絡みで、ソロならではのステージで会場を盛り上げた。

bigbang7

日本のアーティストの曲をカバーしたアルバム
『D’scover』で日本ソロデビューを果たし、単独ツアーも成功させているD-LITE。70年代風の衣装で和田アキ子さんの『古い日記』では、彼らしくハイレベルな歌唱力を見せつけた。VIからは「これ演歌歌手のライブじゃん!」とツッコミも(笑)。

日本のアーティストの曲をカバーしたアルバム
『D’scover』で日本ソロデビューを果たし、単独ツアーも成功させているD-LITE。70年代風の衣装で和田アキ子さんの『古い日記』では、彼らしくハイレベルな歌唱力を見せつけた。VIからは「これ演歌歌手のライブじゃん!」とツッコミも(笑)。

bigbang8

続いてチェッカー柄のSET-UPでクールに登場したG-DRAGON。ソロ楽曲『CRAYON』をロック調で披露し、ステージを疾走!同じくチェッカー柄のトレンチコートを着たT.O.Pとの『HIGH HIGH』は、T.O.Pの低音ボイス&G-DRAGONのハイトーンボイスが合わさったラップ曲で、また違った一面をみせる。

続いてチェッカー柄のSET-UPでクールに登場したG-DRAGON。ソロ楽曲『CRAYON』をロック調で披露し、ステージを疾走!同じくチェッカー柄のトレンチコートを着たT.O.Pとの『HIGH HIGH』は、T.O.Pの低音ボイス&G-DRAGONのハイトーンボイスが合わさったラップ曲で、また違った一面をみせる。

bigbang9

BIGBANGのヒストリームービーで10年を振り返ったのち、G-DRAGONとSOL(TAEYANG)がともに登場し、多彩なダンスパフォーマンスでファンの歓声を誘った。続いてSOLが得意とするバラード楽曲で、一気に会場全体をしっとりとした雰囲気へと包み込んだ。

BIGBANGのヒストリームービーで10年を振り返ったのち、G-DRAGONとSOL(TAEYANG)がともに登場し、多彩なダンスパフォーマンスでファンの歓声を誘った。続いてSOLが得意とするバラード楽曲で、一気に会場全体をしっとりとした雰囲気へと包み込んだ。

bigbang10.

T.O.Pのソロ「IF YOU」からスタート。メンバー全員で披露したバラードバージョンの「HaruHaru -Japanese Version-」では、会場のファンが声を合わせて歌う場面も。ラストのMCでは、メンバーそれぞれがBIGBANGとしての10年を振り返り、「BANG BANG BANG」、「FANTASTIC BABY」など人気曲で、東京ドームは最高の盛り上がりをみせた。

T.O.Pのソロ「IF YOU」からスタート。メンバー全員で披露したバラードバージョンの「HaruHaru -Japanese Version-」では、会場のファンが声を合わせて歌う場面も。ラストのMCでは、メンバーそれぞれがBIGBANGとしての10年を振り返り、「BANG BANG BANG」、「FANTASTIC BABY」など人気曲で、東京ドームは最高の盛り上がりをみせた。

Facebook BIGBANG Twitter BIGBANG

OFFICIAL WEBSITE BIGBANG

info

D-LITE(from BIGBANG)が
ドームツアーを開催!

【D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017】
2017年04月15日(土) 西武プリンスドーム
開場15:00 / 開演17:00
2017年04月16日(日) 西武プリンスドーム
開場15:00 / 開演17:00
2017年04月22日(土) 京セラドーム大阪
開場15:00 / 開演17:00
2017年04月23日(日) 京セラドーム大阪
開場13:00 / 開演15:00


席 種:全席指定¥10,800(税込)
年齢制限:3歳以上よりチケット必要
3歳未満は入場不可

RECOMMEND STORY

この記事を読んだあなたにオススメのストーリー