TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

見た目年齢-10歳のために。歯のホワイトニングのケアを



歯のホワイトニングのケアって、「何をしたらいいのかわからない」、「ホワイトニングするのって高そう」という思っている人も多いのでは?
肌の美白ケアには熱心なのに、歯を白くするホワイトニングには無頓着な人が多い日本人。


どんなにメイクを頑張ったり、キレイ色リップを使ったりしても、笑った時に歯が汚いと、イメージが愕然。
今のうちからホワイトニングのケアをして、さらに美人度をアップさせちゃおう!


歯は白く、歯茎はピンクが理想



歯科医院でのホワイトニング治療で歯を白くしている人も、以外と見落としがちなのが、歯茎の黒ずみ。


タバコやヤニ、加齢に伴って色素沈着をおこし、そのまま歯茎に残しておくと黒ずみができやすくなってしまいます。


正しい歯磨き法を身に付けて、丁寧なブラッシングを



みなさん毎日、食後や寝る前には歯磨きをしているかと思いますが、ただ磨くだけじゃ完全には汚れは落とせません。


まずは歯科に行って、ブラッシングの仕方をきちんと教わってみましょう。
歯ブラシが正しい位置に当たらないと、せっかく磨いてても、きちんと磨ききれていない現象が。歯磨きは、回数ではなく質。1回のブラッシングを丁寧にすれば、1日3回磨くことに固執しなくても○


目安としては上と下の歯をそれぞれ5分ずつ、計10分磨くようにしましょう。
少しずつでも大丈夫なので、今のうちから歯磨きをイチから見直してみては?


朝は口臭ケア用の歯磨き粉、夜は美白成分が入っている歯磨き粉などと、自分の口の中の状態に合わせて使い分けるのも良さそうですね。
また30代になってくると歯肉からの出血や、知覚過敏といった症状が出てきる恐れが。そういったときは、歯周病予防に特化したもの、歯がしみるのを防いでくれる成分が入っている歯磨き粉を選ぶように。


https://jp.iherb.com/pr/Nature-s-Gate-Natural-Toothpaste-Cr-me-de-Peppermint-6-oz-170g/6186?ccode=JP&currcode=JPY&langcode=ja-JP&gclid=Cj0KCQiAus_QBRDgARIsAIRGNGiouwzZLhpo0HEeHOlaVPN-8UkYfe5nVyqf8E4-kcpDpOHe4FcPwtAaAjidEALw_wcB&gclsrc=aw.ds
jp.iherb.com


Nature’s Gate, ナチュラル歯磨き粉、クレム・ド・ペパーミント ¥697


むし歯の原因菌の働きを弱めてくれる効果がある、フッ素入りの歯磨き粉がおすすめ。
フッ素の含有量が多いものがいいみたいなので、選ぶ時はなるべく入っているものを。フッ素入りの歯磨き粉は、近所の薬局などでも取り扱いが多いので、気軽に買えていいですね。


またフッ素は虫歯予防効果もあるので、口の中を清潔に保ってくれます。ですので、最後に口をゆすぎすぎるのもよくありません。完全にゆすぎぎれてないなぐらいがちょうどいい。


今では歯科医院でホワイトニングをしているっていう人も多数



ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。


オフィスホワイトニングは…
漂白作用のある薬剤を歯の表面に塗り、レーザーなどで光を照射して歯を白くする方法。


ホームホワイトニング…
歯科医院に自分の歯に合わせたマウスピースを作ってもらい、自宅で歯科医院で処方してもらったホワイトニング用のジェルをマウスピースに流し込み、装着してケアする方法。


毎日の歯みがきをしっかりし、汚れをきちんと落として清潔に保つ習慣を身につけながら、自分に合ったほうのホワイトニングで歯を白くケアし、歯本来の自然な白色に近づけていくことのがおすすめ。


どっちのホワイトニングがいいかはわからない時は、一回医師に相談してみるのもいいですね。



これであなたも美人な白い歯をゲットできるはず!歯のホワイトニングはすぐに効果が出ることは少なく、地道な努力が必要に。毎日の習慣として、正しい歯磨き方法を行うようにしながら、たまには歯科医できちんと見てもらい、ホワイトニングのケアをしていくのが好ましいです。
あなたも明日からさっそくトライしよう!


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ