TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

秋冬のダメージ補修におすすめケアアイテム3選



傷んでしまった髪をそのまま放置するのはダメ!ちゃんとしたしたケア方法を見直して。



髪の毛が伸びるペースは個人差もありますが、だいたい一ヶ月に1~2cmだといわれています。
根元の毛は生まれたてホヤホヤの毛ですが、毛先は1年以上も経ってしまっているなんてことも。


なので毛先は髪の毛の中でも一番古い分、傷んでしまいやすいということです。


傷んでいる部分はカットしたり、傷みを補修してくれるトリートメントとかでケアをして、綺麗な状態を保つことが大事!


では今からダメージヘアを補修する方法をみていきましょう。


トリートメントつける前に



濡れた髪はタオルで毛を挟み、ポンポンと押しながら乾かしてください。
髪の毛が濡れた状態が一番、キューティクルが剥がれやすくなってるので、こすったりして摩擦を与えないように乾かすのがポイントです。


ブラッシングする際は、髪を引っ張ったりするのは避けて、そっとブラッシングしてあげましょう。


根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂を行きわたらせ、うるおいのある髪に導いてくれるほか、マッサージ効果もあるので、血行が良くなり健康的な髪にしてくれます。


おすすめトリートメント



トリートメントを手にのせたら、そのまま両手を合わせて手の温度になじませてから髪につけることで、より浸透しやすく、まんべんなく髪全体にトリートメントを行き渡らせることができます。


https://www.ibeautystore.com/products/1003291
www.ibeautystore.com


モロッカンオイル トリートメント
紫外線やドライヤーの熱からもしっかりと保護してくれ、自然な輝きとハリのある髪に導いてくれる洗い流さないトリートメント。ふんわり香るバニラっぽい甘い香りの誘惑に包まれてしまいます。


https://www.lasana.co.jp/carts
www.lasana.co.jp


ラサーナ 海藻ヘアエッセンス さらさら
防腐剤無添加、無着色で安全性が高いのに、アミノ酸やミネラルを多く含む海藻のエキス配合と嬉しさがいっぱい詰まったトリートメント。髪の内部に潤いをしっかり与えながらも、外的ダメージから髪を守ってくれるので、しっとりだけどさらさらな髪に。


おすすめブラシ


http://www.cosme-de.net/pd/products/AVE0058
www.cosme-de.net


AVEDA パドルブラシ
ブローする際に頭皮への負担を緩和するようにデザインされているブラシ。芸能人の愛用者も多いという人気のアイテム。頭皮へ程よい刺激を与え、マッサージ効果も期待できます。



毛先は生まれてから時間が経っている分、一番傷みやすくなっています。
傷んで修復が不可能になってしまう前に、外のダメージからしっかり守ってあげるケアやマッサージを日頃から習慣づけてみて。


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ