• App Store
  • Google play
SPECIAL INTERVIEW -小嶋陽菜- SPECIAL INTERVIEW -小嶋陽菜-

“こじはる”こと小嶋陽菜の
「これまで」と「これから」

ついにAKB48グループを卒業する
“こじはる”こと小嶋陽菜さん。そんな彼女に「これまで」と「これから」について
今思っていることを聞きました。

―AKB48グループ卒業への心境は?

グループを卒業することですごく幅が広がるので、今はとにかく楽しみな気持ちでいっぱいです。卒業公演のセットリストを考えたり、ラフォーレ原宿とコラボさせてもらえたり、TOPLOGさんとはファッション撮影した写真が原宿のビルボードになったり…。今まで支えてくれたファンの方々へ恩返しの気持ちでいっぱいです。そのための準備が目まぐるしいのですが、でも充実していて楽しいです!

―アイドル“こじはる”とは?

ここ最近は正直「私はアイドルなのかな?」って思うことが多くて。自分自身のことを「1つのイメージで見られたくない」というのがいつも心の中にありました。AKBグループの活動はもちろん、個人の仕事でも、常に自分のギャップを見せていたいし、期待を裏切っていたい、おもしろい存在でいたい…そう思って、仕事に対して向き合ってきたように思います。それは今後の芸能活動でも変わらないと思います!

―アイドルとしての活動
ファッションモデルの仕事

すべてのきっかけを作ってくれたのがAKB48。ファッションモデルとして雑誌に出て、表紙を飾ったりできるのも、AKB48という原点があってこそ。AKB48での活動は、「こんなことがやってみたい」とか自分の意見を積極的に言える場所。毎回のライブMCも私の意見を取り入れてもらったりイベントを提案したり…。 逆にモデルのお仕事は、自分ではまだまだ分からないことも多いので、信頼しているスタッフさんにお任せしています。私を調理してもらって、新たな自分の表情を引き出してもらえる撮影が好きです!

―応援してくれるファンについて

17歳でデビューして11年間もAKB48 としてやってきたので、ファンの方が自分に何を求めていて、どんなことをしたら喜んでくれるのか、沢山考えてきたので自然に分かるようになってきたと思います。そういった意味では、本当AKB48のおかげで、人よりその力が培われたし、それはきっと卒業後も活かされたらいいなと思います。

―AKB48卒業後はどうなっていきたい?

今までできなかったプライベートの海外旅行に行ってみたいです!そこでいろんなものに触れて、たくさんインプットして、今後の自分に活かせたらいいなと思います。今後はアイドルではなくなるので、年相応の大人の女性として見られるようになりたいです。私、“ふわっとしている女の子”に見られがちなので(笑)。

―ファンや同世代の女性へのメッセージ

17歳からAKB48なので、正直自分でも今後どうなっていくのか想像がついていないんです。最近は楽屋なんかでメンバーに「こじはるさんいなくなっちゃうの寂しいよ~!」って言われて、ちょっと嬉しかったりして(笑)。でも今後はより自分らしく、いただけた仕事をこなしていって、何か自分にしか発信できないことを見つけていきたいです。AKB48という大きい存在に甘えられないし、試行錯誤の日々になるのかなと思うので、そんな新たな小嶋陽菜を今後も変わらずに見守っていてほしいなと思います!

PROFILE

小嶋 陽菜

-こじま はるな-

1988年4月19日生まれ、埼玉県出身。
AKB48として初期のころから活動。バラエティ番組への出演や、ファッションアイコンとして多数ファッション誌に登場するなど、幅広く活躍。
2月22日には代々木第一体育館にて卒業コンサート「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」を開催予定。

SHOP INFO

AMIW SHOW ROOM

BANNER BARRETT

JILLSTUART

DraSTic