TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

素材と柄で夏へシフト! 初夏の着回し28Days 1週目

気持ちはもう夏なのに、安定しない天気が続く6月。柄や素材で夏を取り入れれば、天気に左右されずにファッションを楽しめるはず。梅雨の時期ならではのオシャレ、レインコーデにも注目!

ま・ず・はこだわりのベースアイテム

カーディガン ¥25,920/Sov.(フィルム)

花柄ワンピース ¥42,120/AULA

ブラックリブニット ¥3,218/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

ホワイトロングタンク ¥19,224/DIESEL(DIESEL JAPAN)

ベアワンピース ¥19,440/DOUBLE STANDARD CLOTHING(フィルム)

ショートパンツ ¥16,200/DOUBLE STANDARD CLOTHING(フィルム)

リネンワイドパンツ ¥27,000/BYMITY

ベージュパンツはリネン素材にシフトして涼しげに

サングラス ¥4,590/ZARA(ZARA JAPAN) ベルト ¥1,706/Doublefocus リュック ¥18,360/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) サンダル ¥24,840/DOUBLE STANDARD CLOTHING(フィルム)

黒リブトップス+ベージュパンツのシンプルコーデはパンツをリネン素材にシフトするだけで、涼し気な印象に。チノパン替わりにお仕事コーデにも使えるから重宝する一枚。 チェーンアクセやダルメシアン柄バッグなど、小物で遊び心を効かせて。

休日はショートパンツに花柄ワンピを羽織ってリゾート気分

ハット ¥3,990、バッグ ¥4,990/ともにZARA(ZARA JAPAN) パンプス ¥20,520/ダイアナ ロマーシュ(ダイアナ 原宿店)

若くなりがちなタンクトップ×ショートパンツはワンピを羽織ればカジュアル過ぎない、ちょうど良いバランスに。足元をサンダルじゃなく、パンプスにするのもシティ使いのポイント。

マキシワンピはサテン地で軽やかに

イヤリング ¥2,052/MIIA カゴバッグ ¥5,292 ※季節商品のため数に限りがございます/Afternoon Tea LIVING サンダル ¥15,984/RUSALKA(エルピーディ)

夏の定番ベアワンピは白タンクと重ねると大人のリゾートスタイルに。サテン地なら落ち着いたカラーでも軽やかに。足元は夏気分を盛り上げてくれそうな鮮やかな色を取り入れて。

雨の日はショートパンツにレインパンプスで乗り切って

ウエストポーチ ¥3,990/ZARA(ZARA JAPAN) バングル ¥12,960/Jouete
傘 ¥2,160/Afternoon Tea LIVING レインパンプス ¥14,040/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

憂鬱な雨の日はウルトラバイオレットのショートパンツで潔く脚見せ。紫×黒ならショートパンツでもカジュアル過ぎず、上品な印象に。ウエストポーチで身軽に、レインパンプスで思い切り歩けます。

花柄ワンピはベージュのレースガウンでヌーディに

キャスケット ¥2,990、サンダル ¥5,990/ともにZARA(ZARA JAPAN) バッグ ¥7,452/SPIRAL GIRL

大胆な花柄ワンピはヴィンテージライクなベージュガウンで品よくまとめて。リネン素材のキャスケットやリップ型かごバッグ、ペタンコサンダルで程よく脱力したスタイリングがおすすめ。

サテンベアワンピのバスト部分を折って、スカートとして投入

バッグ ¥13,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) バングル ¥17,280/Jouete スニーカー ¥21,384/DIESEL(DIESEL JAPAN)

ベアワンピのウエストを折り返してマキシスカートとして着用。トップスをインすればハイウエスト効果で脚がグンと長く見えます。黒リブトップスのきちんと感に、スニーカーとパイソン柄のバッグで程よくカジュアルに。

赤で映えるベージュのエレガントさ

ベルト ¥3,590、バッグ ¥4,990/ともにZARA(ZARA JAPAN) サンダル ¥14,040/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

異素材のベージュを合わせてベージュベースのリッチなコーデに。ワイドパンツでも女っぽいのはタイトなガウンのおかげ。ベージュに映える赤のベルトでウエストマークしてスタイルアップ効果もあり。

Photographer:Ikkei teranaka(ADDICT_CASE)
Styling:Yumiko Idogawa
Writer:Naoko Hirose


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ