TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

おしゃれな人はマスターしてる!レイヤードコーデをタイプ別にご紹介

レイヤードスタイルとは、手持ちのアイテムを重ね着をすることによって、バランス良くコーディネートを完成させることです。
メンズ・レディース問わず、おしゃれな人はコーデに取り入れているテクニックですね。
それでは、どのようにレイヤードするとおしゃれにきまるのでしょうか?ハイセンスなレイヤードコーデをご紹介します。

ジャケットにコートをレイヤードするコーデ

デニムジャケットの上に、さらにざっくりとしたニットコートを羽織ったレイヤードコーデ。アウターとアウターの重ね着は気軽に、そして何より暖かく楽しめるテクニックです。ナチュラルテイストのアイテムを合わせることで、コーデがすっきりまとまります。

インナーを見せて軽やかなレイヤードコーデ

ジップアップのショート丈羽織にトレンチコートをレイヤード。春秋の、少し肌寒い季節にも脱ぎ着で調整できる、おしゃれで機能的なレイヤードコーデです。
トレンチコートはさらっと羽織って、インナーを見せるのがポイント。

スカート×パンツのレイヤードコーデ

ジャンパースカートにデニムパンツをレイヤードしたスタイル。セクシーに開いたデコルテ部分も、インナーにはタンクトップを合わせて、ヘルシーな印象に。

ショート丈のミリタリージャケットを羽織って目線を上に集めれば、小柄な女性でもスタイルよくレイヤードコーデが決まります。

Tシャツで楽しむレイヤードスタイル

オーバーサイズめのTシャツの裾から、インナーTシャツを覗かせる、暑い季節のレイヤードスタイル。

そっけなくなりがちな夏のTシャツ×パンツコーデも、トップスのTシャツをレイヤードするだけでぐっとおしゃれになります。

パーカー×シャツのレイヤードコーデ

ゆったりパーカーにシャツをレイヤードして、襟元や裾からシャツを見せたコーデです。ダークカラーのトップスやボトムスでも、差し色として明るめカラーのシャツをプラスすると、一気にヌケ感のあるレイヤードコーデに。

シルバーのフリンジバッグを合わせて、カジュアルすぎないエッジィな大人のテイストも忘れずに!

ビッグニットにシャツをレイヤードしたほっこりコーデ

ネップのビッグニットにデニムシャツをインした、メンズライクなレイヤードコーデ。パンツを少したくし上げて、ショートブーツの間から足首をのぞかせてヌケ感をプラスすれば、大人のリラックスレイヤードコーデの完成です。

2018年コレクションにもレイヤードアイテム登場

各ファッションブランドからもレイヤードアイテムがリリースされています。

最初からセットアップになっているアイテムなら、気軽にレイヤードコーデが楽しめます。そのまま着ても、それぞれ単品でも楽しめるのが便利。

ワンピースなら、インナーをレギンスパンツやスカート、ワイドパンツなどに変えることで印象をがらりとかえることができます。

ワンピース×スカートのレトロレイヤードコーデ

ワンピースのインナーにタイトロングスカートをレイヤードさせると、大人っぽいスタイルが楽しめます。

インパクトのあるレトロ柄ワンピースにダークカラータイトスカートをINしたら、ヴィンテージライクな大人レイヤードコーデに。ポインテッドトゥのパンプスを合わせて、重ね着をしていても、しっとりと女性らしい印象になります。

レイヤードコーデにはロングベストが大活躍

ノースリーブのベストは、レイヤードコーデに大活躍するアイテムです。リブニットのロングベストなら、オールシーズン活躍すること間違いなし!

いつものコーデが物足りないとき、さらりと羽織ればおしゃれなレイヤードコーデに。ロンTやスウェットにシャツがわりに羽織れば、縦ラインが強調されて、カジュアルながらもスタイルアップ効果も!

Tシャツ×キャミのレイヤードコーデ

ロングプリーツスカートにTシャツといういつものコーデに、コンパクトなキャミをレイヤード。カジュアルなTシャツに、キャミの華奢なストラップが映えて、ナチュラルながらも女性らしい雰囲気がぐっと高まります。

テラコッタカラーのスカートとプレーンな白パンプスをチョイスすれば、大人レディな印象に。

レースキャミ×Tシャツのレイヤードコーデ

スニーカー、チノパン、Tシャツ。夏のオーソドックスなコーデですが、レーシーなブラックキャミを一枚レイヤード。

これだけで、少しヴィンテージライクなテイストがプラスされて、ガーリーなレイヤードコーデに早変わりします。ボーイッシュなテイストとガーリーなテイストが程よくミックスされた愛されコーデです。

MA-1×パーカーのレイヤードコーデ

コンパクトサイズなMA-1×パーカーのレイヤードスタイルは、重ね着ながらすっきりとコーデをまとめることができます。
ボトムにはダークカラーのタイトスカートを合わせ、大人っぽく女性らしいラインもプラス。


いかがでしたでしょうか?いつものワードローブに一枚、別のアイテムを足すことで、全く印象の違ったおしゃれなレイヤードスタイルを楽しめますよ。
今いちど、クローゼットの眠っていたアイテムや、着こなしがルーティンになっている定番アイテムを見直して、レイヤードコーデを楽しんでみてください。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ