TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

まだ捨てないで!余ったチークを再利用する方法

使いきれず残ってしまったチークはさまざまな方法で、再利用できるって知ってましたか?今
回はちょっと知ってたらお得かも?という情報をお届け。

ワセリンを使ってクリームチークやリップに

残ったチークを砕いて、ワセリンと混ぜ合わせると、クリームチークやリップとして使えます。
ケースは100均などで売っているクリアケースに入れて保管してください。
いろんな色のチークを混ぜても大丈夫ですし、粉の入れる量を調節して、自分好みの色にしてしまおう。

ネイルアートとして使う

透明のネイルポリッシュに、砕いたチークを入れると、オリジナルのネイルカラーが出来上がります。
また、元々持っているネイルカラーを塗って、上から綿棒などで砕いたチークをポンポンとのせて、ポイントネイルとして使っても可愛いかも。

ただアイシャドーとして使うのはNG!

目の周りの皮膚は、顔の肌の中でも一番薄い部分です。
チークは本来、アイメイク用には作られていないため、商品によっては刺激が強く、肌に負担をかけてしまう場合がありますので、注意したほうがいいでしょう。

化粧品にも使用期限がある?

化粧品は一度開封してしまうと、空気が入って酸化しやすく、劣化しやすい状態になります。
ですので開封した後は、だいたい半年ぐらいを目安に使い切るのがいいでしょう。

何度か使用しているうちに、雑菌が入ってしまい、そのまま使用していると肌荒れの原因にも。

再利用することはもちろん良いことですが、使用期限をしっかり守った使い方をするのが一番です。
このような点にも配慮しながら、せっかく購入したコスメは長く使えるようにしましょう。


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ