TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

面接の日のコーデは?シチュエーション別におすすめの服装を解説

面接と言えば新卒の場合はリクルートスーツが定番ですが、転職やバイト、パートの場合はどんな服装で行けば良いの?とお悩みの皆さん。受けるからには、好印象を与える面接の服装で出掛けましょう!

面接にふさわしい服装はシチュエーションによっても異なります。第一印象を良くするためにも、それぞれに合う服装を選びましょう。

■転職の場合
リクルートスーツでも問題ないですが、インナーが白シャツでは頼りない印象を与えてしまう可能性があるので、ひと工夫する必要ありです。

■私服面接の場合
「私服で来てください」と言われる場合もあります。職種や社風にもよりますが、基本的には清潔感があり、ビジネスマナーに反していないことがポイントになるでしょう。

■パート・バイトの場合
職種によって面接の服装が異なります。共通しているポイントは身だしなみなので、だらしない服装はご法度です。

転職の場合/インナーで差をつける面接の服装(夏編)

ネイビーのパンツスーツに黒いヒールというリクルートスタイルですが、インナーをVネックのTシャツにするだけでかなり大人っぽくなります。夏はタンクトップにすれば、外を歩く時にジャケットを脱いで涼しくすごせますよ。

控えめなアクセサリーやスッキリまとめたヘアスタイルも、好印象を与えるポイントです。女性らしい雰囲気よりも、テキパキと仕事をこなすキャリアウーマン風の服装を意識してください。

転職の場合/インナーで差をつける面接の服装(冬編)

グレーのスーツも面接には役立つアイテムです。しかしネイビーよりも野暮ったくなってしまう率が高いので、インナーやアクセサリーで差をつけます。

転職する際の面接は、やはりネイビーやモノトーンが基本です。寒い季節なら、グレーのスーツのインナーは黒いニットや白いタートルで季節感を出しましょう。

面接のモノトーンコーデのアクセサリーはパールが最適ですよ。


転職の場合/変形スーツもきちんと感をプラすればOK

スーツはスーツでも、ボトムでオリジナリティーを出すのが30代、40代女性のテクニックです。リボンパンツやミモレ丈のふんわりスカートなど、20代のリクルートスーツではありえない服装をうまく着こなしてください。

プラスワンカラーはグレーやベージュなど、抑えめにしましょう。変形スーツはフォーマルシーンにでも使えるので、1枚あると便利ですよ。

私服面接の場合/固めの企業や銀行のカウンター業務などはスーツに近い服装で

特に服装の指定がなく、私服で面接に臨む場合でも、お堅い職場の場合は地味なスーツやそれに近い服装が求められます。ベージュやストライプなどの柄が入ったスーツなら、働き始めてからも重宝します。

ベージュやグレーのタイトスカート×カットソーにネイビーのジャケットを羽織っても良いですね。スカートの丈が短すぎるのはおすすめできないので、最低でも膝下5~10センチは必要です。

私服面接の場合/接客業の場合は落ち着きのある上品なスタイルで

接客業の場合は清潔感が好印象を与えるポイントになります。特に服装指定なしでも、肌の露出が少ない服装にするのはマナーでもあるので気をつけてください。

色目を抑えたワンピースにカーディガンやジャケットを羽織る清楚なコーデなら安心です。ただしあまりお嬢様風になりすぎると仕事ができない印象を与えてしまうので、ヒールやアクセサリーはクールなテイストにしましょう。

私服面接の場合/IT関連などフランクな企業でもきちんと感は必要!

オフィスカジュアルが公認されている自由な社風であれば、スーツを着て行く必要はありません。ただしデニムにTシャツというのは面接のマナー違反になるので、それなりにカッチリした服装にしましょう。

ボウタイブラウスは、1枚でエレガントな雰囲気を出してくれるアイテムです。とろみがある生地も面接という場にふさわしいので、タイトスカートの他にもスーツのインナーやワイドパンツに合わせて活用してください。

私服面接の場合/アパレル関連はブランドイメージを意識した服装で

アパレル関係の場合は、面接に出向く時の服装にもこだわりが必要です。そのブランドのアイテムを着て行くのが一番ですが、持っていない場合はテイストを寄せましょう。

また、お洒落に敏感であることも条件になるので、季節感を取り入れた服装にするのがポイントです。例えば春ならグリーンやイエローなどの春カラーを、秋には枯葉カラーを上手くアクセントとして使えるようなテクニックがあると有利ですよ。

パート・バイトの場合/飲食関係は清潔感のある服装で!

パートやバイトの場合は、「スーツ」という指定がない限りジャケットも必要はありません。ただしだらしない服装やデニム、スウェットなどは避け、最低限のマナーは守ってください。

フランクな面接に活躍するアイテムのひとつにアンサンブルがあります。清潔感もあり落ち着いた雰囲気になりますし、ボトムを選ばないのも嬉しいですね。

タイトスカートでも良いですが、フレアスカートやワイドパンツも大人っぽくまとまりますよ。

パート・バイトの場合/白シャツを活用して好感度アップ

面接に着て行く服がない!と迷ったら、とりあえず白シャツを選びましょう。ボトムはネイビーや黒、グレーといった地味めのカラーであれば、きちんとした雰囲気は出せます。

ただし素材には注意が必要です。デニムはもちろん、ニットパンツや深いスリットが入ったスカートなどはいくら白シャツでも面接向きではないので気をつけてくださいね。


面接に受かるポイントはなんと言っても第一印象です。つまり服装が面接にふさわしいかどうかで決まると言っても過言ではありません。これから面接に行く際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ